化学史学会とは

  • 古今東西の「化学の歴史」に関心を持つ歴史家・科学者・技術者・教員・学生・市民などの交流の場です。
  • 年4回の会誌の発行,研究発表会や研修会などの開催,日本化学会など関連他団体への協力,ホームページでの情報提供など,様々な活動を行っています。
  • 会員の関心・経歴・職業・所属などもバラエティに富み,異分野交流による新たな刺激や発見も期待できます。
  • 化学の歴史に関心のある方なら誰でも入会できます。あなたも,魅力溢れる化学史の世界を楽しんでみませんか?
入会のご案内

 

沿革

1973年 化学史研究会として発足。
1974年 『化学史研究』創刊。
1984年 化学史学会と改称。

会員

正会員・学生会員 約250名
維持会員・賛助会員 10団体

事業

<行事>

化学史研究発表会(年1回)
化学史研修講演会(年1回)
市民公開講座(日本化学会と共催)(年1回)
外国人研究者講演会(随時開催)

<定期刊行物>

会誌『化学史研究』季刊(各号約60頁)

<出版物>

1. 化学史学会編『化学史事典』(化学同人,近刊) *学会創立40周年記念出版

2. T.H.ルヴィア著『入門化学史』化学史学会監訳・内田正夫編(朝倉書店,2007)

3. 化学史学会編『20世紀の日本の化学技術—21世紀が見えてくる—』(TIC,2004) *学会創立30周年記念出版

4. 化学古典叢書 *学会創立20周年記念出版

第1期 『川本幸民著作集』全5巻(紀伊國屋書店,1998)
第2期 『幕末彩色史料』全4巻(紀伊國屋書店,2002)

5. 『原子論・分子論の原典』全3巻(学会出版センター,1989-93)

<表彰>

学会賞(4年に1回)