2019年度化学史研究発表会(年会)

2019年度の化学史研究発表会(年会)は,2019年6月29日(土)30日(日),立正大学品川キャンパスで開催します。

日 時 2019年6月29日(土)、30日(日)
会 場 立正大学 品川キャンパス アクセスマップ
    〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16 年会準備委員会委員長  大野誠会長

☆詳細プログラムや地図を含め詳しくは第2号に掲載します。
※宿泊先は各自予約でお願いします。

一般講演申込締切 2019年2月16日(土)←受付を終了しました
 講演希望者は、化学史学会公式サイト(本サイト)の一般講演申込フォーム(https://kagakushi.org/application-form)から申し込んで下さい。それが難しい場合は,旧来の方法でも受け付けます。葉書に,講演題目,氏名,所属,連絡先(郵便番号,住所,電話番号,E-mail Address)を記して,上記の年会準備委員会までお送り下さい。

講演要旨締切   2019年3月16日(土)
 講演要旨は,会誌『化学史研究』で刷り上がり1頁に収まるよう,講演題目,講演者名,図・表,本文あわせて2000字以内(本文のみでは1900字以内)で書き,化学史学会公式サイトの投稿フォーム(https://kagakushi.org/journal-submission-form)から投稿して下さい。
 旧来の方法(電子ファイルを付して原稿を編集委員会住所へ郵送する)でも受け付けますが,できるだけ投稿フォームからの投稿をお願いします。
(*上記の分量を超える場合には書き直しをお願いすることもありますのでご注意ください。)
 講演要旨の到着をもって講演申込手続きの完了とします。なお,要旨に関しては過去の『化学史研究』を参照し,講演内容を具体的に記すとともに文献も記載して下さい。

*講演日時に関する希望は原則として受け付けられませんが,やむを得ない事情がある場合は,考慮する場合がありますので,一般講演申込時にその旨をお知らせ下さい。

*なお、学生会員が発表される場合には、学会から総額10万円の範囲内で、交通費の実費もしくはその一部が支給されますので、申込の際にあわせてお申し出ください。

*本年会は,国際周期表年2019の記念イベントです。