学会からのお知らせ

事務局の対応が遅くなります

事務局が置かれている東京電機大学東京千住キャンパスは,4/3〜6/30の間,新型コロナウイスル感染症拡大防止のため入構禁止となり,事務局の対応が遅くなる場合が予想されます。どうかご理解いただけますようお願い申し上げます。(事務局,5/31更新)

2020年度化学史学会年会(オンライン開催)

2020年度の化学史学会年会は,当初,広島大学東広島キャンパスで開催する予定でしたが(当初の予定はこちら),新型コロナウイルス感染拡大のため,オンライン開催に変更されました。新たなプログラムは以下の通りです。

なお,年会参加方法や講演者への連絡事項などは,今後,本ウェブサイトやメールなどで通知いたします。(事務局)


日 時 2020年7月4日(土)、5日(日)
会 場 Zoomによるオンライン開催

プログラム

7月4日(土)

9:55 開会の辞:会長挨拶

10:00-12:00  一般講演

  座長:菊池好行(愛知県立大学)

 東  徹「宇田川榕菴における化学へのアプローチと温泉の泉質分析」

  座長: 内田正夫(立教大学)

 原  宏(東京農工大名誉教授)「日本の「酸性雨対策調査」」
 滝口泰之(千葉工業大学)・山口達明(千葉工業大学)「戦前の我が国おける核酸化学研究」
 山口 真「F.ラゼッティとラマン分光」

13:00-14:00  特別講演   座長:大野誠(立正大学)

 若尾祐司(名古屋大学名誉教授)「ロベルト・ユンクの日本とヒロシマ—1940~1993年」

14:10-16:40  シンポジウム「やっかいな随伴者:世界史における放射線、放射性物質の扱われ方」

  座長:和田正法(三重大学)     

 北村陽子(名古屋大学)「世界大戦期ドイツにおける戦場医学とX線」
 市川 浩(広島大学) 「1950年代ソ連における放射線影響研究」
 小島智恵子(日本大学)「フランスにおける放射性廃棄物再処理の歴史」
 和田喜彦(同志社大学)「アメリカのウラン鉱山・製錬所とナバホ先住民居留地」

16:50-17:20  一般講演   座長:菊池好行(愛知県立大学)

 ヴィクトリア・リー(オハイオ大学)「アフラトキシンと麹菌の分類学史」

17:30-18:30  会員集会

7月5日(日)

9:30-10:00  一般講演   座長:田中浩朗(東京電機大学)

 武山高之(元・東レ) 「産学共同医療用具開発事例(1)高機能透析膜」

10:00-12:00   シンポジウム「化学企業における経営と研究」

  座長:堤 憲太郎(科学史技術史研究所)

 大野 誠(立正大学)「趣旨説明」
 楠 正夫(トクヤマ) 「企業経営と研究開発」
 鎌倉夏来(東京大学)「日系化学企業における研究開発機能の空間的分業に関する経済地理学的考察」
 平野恭平(神戸大学)「化学産業・化学企業をめぐる経営史研究の現状と展望」

13:00-13:00 一般講演   座長: 新井和孝

 山口まり(日本大学)「それははたして原子像なのかーミュラー型放射顕微鏡によるバリウムの観察」

13:30-16:00    シンポジウム「科学史における図像」

  座長:古川 安(総合研究大学院大学)

 田中祐理子(京都大学)  「原子の可視化・再考:理論負荷性から直観の復権へ?」
 橋本毅彦(東京大学)   「L.ポーリングとW.L.ブラッグの分子構造研究と視覚表現技法」
 河野俊哉(東京大学)   「『舎密開宗』周辺の図像とラヴォワジエ前後の西欧化学史」
 吉本秀之(東京外国語大学)「化学文献における図像:中世からラヴォワジェまで」

16:05  閉会の辞:副会長挨拶 

化学史学会2020年度年会の変更について

理事会メール審議の結果報告

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて,2020年度年会の開催について,2020年5月1日から5月5日まで,理事会のメール審議が行われました。その結果,以下の点が大筋で合意に達しました。(事務局,5/8掲載)

(1)2020年度年会を広島大学で開催することを取りやめ、研究発表をZoomによるオンライン発表にかえて行う。ただし、今年限りの例外措置として、『化学史研究』第47巻第2号(2020年)に発表要旨を掲載された講演者については、学会としてはオンライン発表をして頂くことを希望するが、行わなくても「発表したもの」として取り扱うことにする。
(2)懇親会、評議員会は中止する。参加費は徴収しない。
(3)総会については、オンラインによる会員集会で通常の総会と同様に、会務・事業・会計報告などを行い、来年度事業計画案も提示し、質疑応答も行うが、議題の承認については後日、学会HPや郵送などにより行う。詳細については今後決定する。
(4)講演者にはZoom練習の場を設ける。そのうえで、オンライン発表について意向を確認し、プログラムを改訂する。
(5)『化学史研究』第47巻第2号(2020年)には、年会の変更についての案内と新しいプログラムを掲載する。

以上

『化学史研究』第47巻第1号(2020.3)

会誌『化学史研究』第47巻第1号(通巻第170号)が発行されました(2020.3.15発行)。

 目次

[特集:産業革命とBritish Arts:新奢侈品テーゼの検討] 大野誠「特集をはじめるにあたって」第47巻(2020): 1-3

[特集:産業革命とBritish Arts:新奢侈品テーゼの検討] 松坂雅子「 18〜19世紀イギリスにおける”arts”と絹織物」第47巻(2020): 4-18

[特集:産業革命とBritish Arts:新奢侈品テーゼの検討] 真保晶子 「 イギリス産業革命期の家具製造における新奢侈品と「art」の概念との関係 」第47巻(2020): 19-30

[特集:産業革命とBritish Arts:新奢侈品テーゼの検討] 大橋里見「18世紀ブリテンの消費社会と「モノ」認識:オークションをてがかりに」第47巻(2020): 31-41

[特集:産業革命とBritish Arts:新奢侈品テーゼの検討] 大野誠 「18世紀後半のロンドンで美術展覧会を開催した3団体:出品者の分析」第47巻(2020): 42-53

[シリーズ:図像科学史] 田中祐理子「ベルリン・コッホ研究室の北里柴三郎」第47巻(2020): 54-56

[広場] 新井和孝「科学者肖像リスト(日本,金城コレクションA)のホームページ公開」第47巻(2020): 57-58

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
会員  1500円
非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

第11回化学遺産認定(2020)

新井理事より,今年の化学遺産認定について情報が寄せられましたので,掲載します(事務局)。

   *

第11回化学遺産認定

認定化学遺産 第051号 タンパク質(チトクロムc, タカアミラーゼA)の3次構造模型
認定化学遺産 第052号 日本の近代化学教育の礎を築いた舎密局の設計図(大阪開成所全図)
認定化学遺産 第053号 日本初の純国産「金属マグネシウムインゴット」
認定化学遺産 第054号 日本初の西洋医学処方による化粧品「美顔水」発売当時の容器3点

紹介リーフレット(pdf)

会費納入および会員名簿アンケート協力のお願い

2020年1月に,2020年度会費の請求と会員名簿アンケートへの協力のお願いの文書を会員のみなさまに発送致します。

化学史学会では,会費の前納制をとっておりますので,2020年3月末までに納入してくださいますよう,お願い申し上げます。

また,今回は,会員名簿作成のためのアンケート用紙も同封しています。学会ウェブサイトの会員専用ページに設置した回答フォームからオンラインで送信するか,お送りした用紙に修正・追加の書き込みをして郵便で返送していただければ幸いです。

 会員名簿アンケート第1次締切:2020年2月29日(土),第2次締切:4月30日(木)

なお,この機会に,会員専用ページへのユーザー登録の方法およびそれに必要な登録コードを記載した文書もお送りします。ユーザー登録ページから登録してください。会員専用ページは,個人情報のやりとりや,個人の認証が必要な場合に利用したいと思います。具体的には,会員名簿情報のやりとりや,年会等の行事の申し込み・弁当の注文などです。

(事務局)

「著作権に関する学会の指針」を改訂

2019年11月2日開催の理事会で,「著作権に関する学会の指針」の改訂案が承認されました。 »

金城コレクション科学者の肖像リスト公開

元化学史学会理事,故金城徳幸氏が遺した科学者の肖像コレクションのリストを公開します。このリストにより,科学者の肖像(画または写真)の有無を確認することができます。 »

献本 Books Received 更新(10/30)

献本 Books Received 更新(10/30)

本サイト「献本 Books Received」コーナーに下記の本を追加しました。献本ありがとうございます。 »

公開中の会誌バックナンバーを追加しました

化学史学会では,一部の会誌バックナンバーの公開を始めました。住所等の個人情報を除き,全文をウェブ上で閲覧することができます。 これまで公開していた第1号から第3号に加え,9/17に第4号(1975)と第5号(1976)を公開しました。(事務局) »

『化学史研究』投稿規程の一部改訂

5/12開催の理事会において,『化学史研究』投稿規程の一部改訂が承認されました。改訂のポイントは以下の通りです。 »

環太平洋国際化学会議2020 (Pacifichem 2020) のお知らせ

環太平洋国際化学会議2020 (Pacifichem 2020) のお知らせ

2020年12月15日〜20日の6日間,米国ハワイ州ホノルルで「環太平洋国際化学会議2020 (Pacifichem 2020)」が開催されます。 »

実施済のイベント

第14回化学遺産市民公開講座 中止のお知らせ

本学会も共同主催者となっている第14回化学遺産市民公開講座は,新型コロナウイルス感染拡大防止のため日本化学会第100春季年会が中止になったことに伴い,中止となりました。参考のため,開催案内を掲載します。(事務局) »

科学史セミナー開催のお知らせ(2019.12)

科学史セミナー開催のお知らせ(2019.12)

川島慶子会員からの情報です。(事務局) »

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2019.10)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) »

第16回化学史研修講演会(2019)

8/24(土)東京・本郷の東京外国語大学本郷サテライトにて,化学史研修講演会を開催します。今回は,小澤健志先生と隠岐さや香先生にご講演いただきます。 »

第13回化学遺産市民公開講座(2019)

第13回化学遺産市民公開講座(2019)

化学遺産市民公開講座が3/17(日)に甲南大学岡本キャンパスで開催されます。化学史学会も主催団体です。(事務局) »

公開シンポジウム「なぜできない?ジェンダー平等」(2019)

化学史学会も加盟しておりますGEAHSSより2/9シンポのお知らせが来ました。本会監事の隠岐さや香会員も講演します。(事務局) »

特集

化学史事典

化学史事典

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索