環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021) のお知らせ

2021年12月16日〜21日の6日間,「環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021)」が完全オンラインで開催されます。

この国際会議は当初,2020年12月15日〜20日にハワイ・ホノルルで開催予定でしたが,新型コロナウイルス感染拡大の影響により1年延期され,さらに完全オンラインで開催されることになりました。詳しくは,こちらへ。

日本を含む環太平洋7か国の化学会が主催し,5年ごとに開催され,次回(第8回)は日本化学会がHost Societyです。なお,化学史学会は前回に引き続きOfficial Participating Organizationです。

この国際会議は,化学一般を対象としたものですが,化学の歴史も含まれます。古川安前会長がオーガナイザーの一人となっている「Hands across the Pacific: History of Collaborations and Exchange Programs between Countries of the Pacific Rim (Organizers: Rasmussen, Seth C; Furukawa, Yasu; Rae, Ian D; Patterson, Gary)」というシンポジウムも計画されています。

10/30追加:

Pacifichem2021における化学史のセッションのプログラムが発表されました。→プログラムはこちら
 日時:日本時間 12月21日(火)午前3時〜正午
 発表:virtual (online)
 本会の河野洋人会員, Victoria Lee会員、古川安会員が発表します。

Pacifichem 2021公式サイト

日本化学会のPacifichem 2021サイト

参考:前回のPacifichem 2015 (PDF Program Book)では,「Historical Evolution of the Chemical Community in the Countries of the Pacific Rim」というシンポジウムが開催され,古川安・菊池好行・故梶雅範の各会員が発表しました。

公募情報:国立科学博物館(理工学研究部および産業技術史資料情報センター兼務)(科学史または産業技術史)

若林文高会員より公募情報を寄せていただきましたので会員のみなさまにお知らせいたします。

   *

科学史または産業技術史(主に機械工学) 研究員 公募情報

分野 科学史または産業技術史(機械工学に係る科学史又は産業技術史を専門とすることが望ましいが、機械工学のみならず幅広い科学史・産業技術史を担当できること。)

職名 研究員(テニュアトラック)
所属 理工学研究部科学技術史グループ及び産業技術史資料情報センター(兼務)

応募締切 2021年11月30日(火)必着

WEBページ
https://www.kahaku.go.jp/disclosure/adoption/sci_engineer_20211130.html

連絡先
住所: 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1
独立行政法人国立科学博物館
責任者:理工学研究部長 米田 成一
TEL:029-853-8901 FAX:029-853-8998
メールアドレス: s-yoneda〔at〕kahaku.go.jp(〔at〕を@に置き換えてください。)

2021.10.22掲載(事務局)

NHK高校講座化学基礎「化学がたどってきた道」

本学会の渡部智博理事が,NHK高校講座化学基礎で「化学がたどってきた道」と題した番組(2021年10月20日放送)に出演されたとの情報を頂きましたので,会員の皆様にお知らせします。(事務局)

「マリー・キュリー」や「池田菊苗」が取り上げられ,また113番元素の関係で,学習メモというレジメには「小川正孝」の名前を記されています。次のリンクから動画や資料を利用することができます。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/chapter024.html

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/21kagakukiso-24.pdf

なお,この番組は,数年間は放送される予定とのことです。また,再放送は,学期の終わり頃にまとめて放送される可能性があるそうです。

玉蟲文一初代会長の史料調査協力のお願い

東京大学から,本会初代会長の玉蟲文一先生の私文書の所在調査協力の依頼がありました。同大学では創立150周年に向けて,東京大学教養学部,科学史・科学哲学教室,玉蟲文一先生に関する史料を調査しているとのことです。これまで,玉蟲先生については学内にある史料のみに依拠してきたとのことですが,私文書の所在を把握したいとのことでした。玉蟲先生は化学史学会初代会長でもありますし,何かご存じの方がいらっしゃりましたら,学会事務局までお知らせ頂ければ幸いです。

『化学史研究』第48巻第3号(2021.9)

会誌『化学史研究』第48巻第3号(通巻第176号)が発行されました(2021.9.15発行)。

 目次

[シリーズ:図像科学史] 吉本秀之「化学文献における図像:中世から初期近代まで」第48巻(2021): 129-41

[広場] 江頭和宏「J. Sniadeckiによるポーランド語の元素名:チェコ語の化学命名法の先駆けとして」第48巻(2021): 142-48  

[科学史の名著] 藤田英夫「廣田鋼蔵『化学者 池田菊苗 —漱石・旨味・ドイツ—』」第48巻(2021): 149-150

[化学史と私] 堤憲太郎「化学史とのかかわり」第48巻(2021): 151-155

[化学史と私] 伊藤良一「山岡 望と私」第48巻(2021): 156-158

[紹介] 松本邦男「西川隆『東京帝国大学医学部薬学科−人物と事績でたどる「宗家」の責任と挑戦』2020 」第48巻(2021): 159-161

[紹介] 小川眞里子「田中ひかる『明治を生きた男装の女医:高橋瑞物語』2020 」第48巻(2021): 161-162

[紹介] 大竹七千夏「『科学の不安定性と社会:現代の科学リテラシー』2017」第48巻(2021): 162-165

[解説] 新井和孝「化学遺産認定制度−日本の化学史の紹介−(英訳版)」第48巻(2021): 166-181

[会告]「2022年度シンポジウム発表者募集」第48巻(2021): 182

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

シリーズ「科学史の名著」「化学史と私」の原稿を募集しています

2020年の会誌第3号から,新シリーズ「科学史の名著」と「化学史と私」の連載が始まりました。化学史学会編集委員会では,会員の皆様からこれら新シリーズの原稿を募集しています。

新シリーズの趣旨は,掲載開始時に会誌に掲載されましたが,以下に転載します。

「科学史の名著」
 この欄では「科学史の名著」(技術史、工業史を含みます)を対象とした書評を掲載します。「名著」の選択基準は執筆者に委ねられていますので、「私にとっての科学史の名著」というのがこの欄の意図です。研究を志し始めた時、あるいは研究を進めていく間に様々な著作・論文などに出会い、そこからさまざまな刺激を受けます。そのときの感動を少しでも共有できたらと新設したのがこの欄です。この欄のねらいは研究の感動を伝えることにあります。本誌の「紹介」欄とは異なり、古い作品も対象とします。

「化学史と私」
 化学史をやるさいに心がけていること,などを紹介してもらいます。執筆者の化学史への思いの一端が伝わり,また同時に化学史(学会)の面白さ・良さが伝わることをねらっています。
 執筆の際は,執筆者の横顔紹介として10個の共通質問を用意しました。ただし全て答える必要はありません。この話はぜひという「化学史ばなし」を期待しています。話題がいろいろあるときは複数回になってもよいと考えています。
 参考 「化学史と私」執筆者への10の質問
 Q1. 出身地 Q2. 出身高校 Q3. 出身大学 Q4. 職歴(1〜4で年齢をイメージを) Q5. 研究分野,研究テーマ Q6. 化学史に踏み込んだきっかけ,出来事 Q7. 化学史をやっていて感動した出来事 Q8. 化学史をやるさいに心がけていること Q9. お薦めの1冊 Q10. 趣味

原稿の区分としては,「科学史の名著」は「紹介」に,また「化学史と私」は「広場」に準ずるものとして扱います。分量に特に決まりはありませんが,長くなる場合は,複数回に分けて掲載することもあります。分量や形式については,すでに掲載された文章を参考にしてください。なお,これまでの執筆者は年齢が比較的高いと思われる会員が多いように感じられるかもしれませんが,若い方や学会に入って間もない方の原稿も大歓迎です。化学史学会会員の多様性を示すことも,これらのシリーズの目的となっております。原稿は,学会ウェブサイトの投稿フォームから送信してください。

多くの会員からの投稿をお待ちしています。

オンライン企画展「明石博高と島津源蔵―京の近代科学教育の先駆者たち―」

八耳俊文会員より,国際日本文化研究センターのサイトで,次のオンライン企画展が開催されているとの情報をいただきましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局) »

第182回日本学術会議総会及び記者会見(4月22日)に関する報告(2021.4)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,第182回日本学術会議総会及び記者会見(4月22日)に関する報告(2021.4.23付)が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2021.4.24,事務局)。 »

第12回化学遺産認定(2021)

新井理事より,今年の化学遺産認定について情報が寄せられましたので,掲載します(事務局)。    * 第12回化学遺産認定 認定化学遺産 第055号 日本の石油化学コンビナート発祥時の資料 認定化学遺産 第056号 苦汁・海水を原料とする臭素製造設備と磁製容器 認定化学遺産 第057号 再製樟脳蒸留塔 紹介リーフレット(pdf) »

年会費の振込先

2021年1月,2021年度の会費請求を送らせて頂きました。会費は,ゆうちょ銀行の口座に送金頂くことを原則としています。請求書には郵便局から送るための振替用紙を同封していますが,ゆうちょ銀行やその他の銀行からオンラインバンキングでご送金いただくことも可能です。その場合は,次の口座にお送りください。(事務局) »

実施済のイベント

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2021.10)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) »

第18回化学史研修講演会(2021)

8/21(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,吉本秀之先生と後藤達乎先生にご講演いただきます。 »

2021年度化学史学会年会

日 時 2021年7月3日(土)、4日(日) 会 場 オンライン開催     年会準備委員会委員長 菊池好行理事 ★2021年度年会は,当初愛知県立大学で行う予定でしたが,2021年3月20日開催の理事会で全プログラムをオンライン(Zoom)で行うことが決定されました。 »

認定化学遺産の解説セミナー(2021)

3/27(土)日本化学会が2021年および2020年に認定した化学遺産を解説するセミナーをオンラインで開催します。通常は,毎年3月に日本化学会春季年会で化学遺産市民公開講座(日本化学会化学遺産委員会・化学史学会 主催)が開催されてきましたが,昨年と今年はコロナ禍の影響で中止となりました。このオンラインセミナーはそれに代わるものとして企画されました。 »

学術フォーラム「危機の時代におけるアカデミーと未来」(2021.2)

日本学術会議よりフォーラムの案内が来ましたのでお知らせします。本会会員の隠岐さや香氏も講演します。(事務局) »

講演会「日仏における学問と政治」のお知らせ(2021.1)

2021年1月15日に開催される日仏会館のオンライン講演会のお知らせを致します。隠岐さや香会員が講師を務められます(事務局)。 »

特集

化学史事典

化学史事典

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索