学会からのお知らせ

『化学史研究』第46巻第1号(2019.3)

『化学史研究』第46巻第1号(2019.3)

会誌『化学史研究』第46巻第1号(通巻第166号)が発行されました(2019.3.15発行)。

 目次

[特集 日本化学史――史料の調査法] 大野誠「特集をはじめるにあたって」第46巻(2019): 1-2

[特集 日本化学史――史料の調査法] 八耳俊文「江戸の化学と資料調査」第46巻(2019): 3-10

[特集 日本化学史――史料の調査法] 水沢光「公文書の探し方―主要文書館の資料概要およびデジタル化の現状―」第46巻(2019): 11-16

[特集 日本化学史――史料の調査法] 亀井修「化学工業史料についての博物館の調査方法―現代の史料を中心として―」第46巻(2019): 17-24

[特集 日本化学史――史料の調査法] 古川安「化学史研究におけるオーラル・ヒストリー」第46巻(2019): 25-29

[広場] 新井和孝・鈴木美保・高島加代子「化学者高山義太郎の関係文書紹介」第46巻(2019): 30-35

[紹介] 大野誠「エッセイレビュー:ニュートン研究の現状 2008-2017」第46巻(2019): 36-40

[紹介] 工藤璃輝 「ペジック『近代科学の形成と音楽』 」第46巻(2019): 40-41

[紹介] 大野誠「高林陽展『精神医療、脱施設化の起源』 」第46巻(2019): 41-42

[紹介] 新井和孝「『幕末佐賀藩の科学技術』上下巻 」第46巻(2019): 42-45

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2019)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局)

   *

「杏雨書屋の植物図譜」をテーマに、第70回特別展示会および第41回研究講演会を以下の要領にて開催いたします。ご多用中とは存じますが、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

第70回 特別展示会 「杏雨書屋の植物図譜」

期 間 : 2019年4月8日(月)〜13(土)、15日(月)〜19日(金)
時 間 : 10:00〜16:00(但し、13日(土)は17:00まで開館します)
場 所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 1階 杏雨書屋 特別展示室

見学のお申込み等は必要ありません。展示期間終了後に見学を希望される方は、見学の可否を お問い合わせの上ご来館ください。展示品の多くは2019年9月末まで展示予定です。

第41回 研究講演会

日 時 : 2019年4月13日(土) 13:00〜15:00
場 所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 5階
演題・講師 :
Ⅰ 「ボタニカルアートの歴史」
   植物画家 小西美恵子 先生

Ⅱ 「東西をにぎわす薬用植物 〜キッチンハーブから生薬・漢方まで〜」
   武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 課長代理 野崎 香樹 先生

研究講演会へ参加をご希望の方は、4月11日(木)までにTEL、FAX、E-mail、葉書などにて下記までご連絡をお願いいたします。 尚、参加人数が5階会場の定員を超えた場合には、当日のご来場順で5階サテライト会場へのご案内となりますことをご了承ください。

TEL : 06-6233-6108
FAX : 06-6233-6112
E-mail : kyou@takeda-sci.or.jp
住所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 杏雨書屋

ウェブサイト:https://www.takeda-sci.or.jp/business/kyou.html

化学史学会編『化学史への招待』2019年刊行

化学史学会編『化学史への招待』がオーム社から2019年1月に刊行されました。化学史の新しい入門書として活用されることが期待されます。(事務局)

この『化学史への招待』は,化学史学会会員が『化学と教育』(日本化学会)や『サイエンスネット』(数研出版)などの媒体に執筆した論考31篇を再編集したものです。本書の企画編集には主に河野理事が当たりました。多様な関心のもとに進められている今日の化学史研究の諸側面を分かりやすく示すものとなっていると思われます。

化学史学会会員へは,原則として,学会から1冊ずつ献本される予定です。また,職場や地域の図書館(室)などへリクエストして,本書が多くの人々の目に触れるようご協力いただければ幸いです。

※2019年3月に初版2刷が刊行される予定です。

化学史学会編『化学史への招待』
オーム社, 2019年1月刊行。
A5判, 290頁
定価 本体2,500円+税

出版社ウェブサイト(詳細目次を含む)

2019年度化学史研究発表会(年会)

2019年度の化学史研究発表会(年会)は,2019年6月29日(土)30日(日),立正大学品川キャンパスで開催します。

日 時 2019年6月29日(土)、30日(日)
会 場 立正大学 品川キャンパス アクセスマップ
    〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16 年会準備委員会委員長  大野誠会長

☆詳細プログラムや地図を含め詳しくは第2号に掲載します。
※宿泊先は各自予約でお願いします。

一般講演申込締切 2019年2月16日(土)←受付を終了しました
 講演希望者は、化学史学会公式サイト(本サイト)の一般講演申込フォーム(https://kagakushi.org/application-form)から申し込んで下さい。それが難しい場合は,旧来の方法でも受け付けます。葉書に,講演題目,氏名,所属,連絡先(郵便番号,住所,電話番号,E-mail Address)を記して,上記の年会準備委員会までお送り下さい。

講演要旨締切   2019年3月16日(土)
 講演要旨は,会誌『化学史研究』で刷り上がり1頁に収まるよう,講演題目,講演者名,図・表,本文あわせて2000字以内(本文のみでは1900字以内)で書き,化学史学会公式サイトの投稿フォーム(https://kagakushi.org/journal-submission-form)から投稿して下さい。
 旧来の方法(電子ファイルを付して原稿を編集委員会住所へ郵送する)でも受け付けますが,できるだけ投稿フォームからの投稿をお願いします。
(*上記の分量を超える場合には書き直しをお願いすることもありますのでご注意ください。)
 講演要旨の到着をもって講演申込手続きの完了とします。なお,要旨に関しては過去の『化学史研究』を参照し,講演内容を具体的に記すとともに文献も記載して下さい。

*講演日時に関する希望は原則として受け付けられませんが,やむを得ない事情がある場合は,考慮する場合がありますので,一般講演申込時にその旨をお知らせ下さい。

*なお、学生会員が発表される場合には、学会から総額10万円の範囲内で、交通費の実費もしくはその一部が支給されますので、申込の際にあわせてお申し出ください。

*本年会は,国際周期表年2019の記念イベントです。

会誌バックナンバーの公開を始めました

会誌バックナンバーの公開を始めました

化学史学会では,一部の会誌バックナンバーの公開を始めました。住所等の個人情報を除き,全文をウェブ上で閲覧することができます。現在,創刊号(1974)から第3号(1975)までのバックナンバーが公開されています。(事務局)

Web公開中の会誌バックナンバー

「会員の出版物 」更新(3/14)

「会員の出版物 」更新(3/14)

「会員の出版物」コーナーに,下記出版物を追加しました。 »

献本 Books Received 更新(3/9)

献本 Books Received 更新(3/9)

本サイト「献本 Books Received」コーナーに下記の本を追加しました。献本ありがとうございます。 »

次期役員選挙の結果(会告)

次期役員選挙の結果(会告)

選挙管理委員会による会告を掲載します。(事務局) »

投稿方法の変更のお知らせ

投稿方法の変更のお知らせ

2018年7月7日の総会で『化学史研究』投稿規程が一部改訂されました。それにより,今後,会誌『化学史研究』への投稿は本サイトの投稿フォームからファイルを送信する形で行うこととなります。該当する規定は以下の通りです。 »

会則等の改訂のお知らせ

会則等の改訂のお知らせ

2018年7月7日開催の総会において,下記の会則等改訂案が承認されました。総会で配布された資料を掲載します。(事務局) »

古川安 前会長がモリス賞を受賞

古川安 前会長がモリス賞を受賞

イギリスの化学史学会(The Society for the History of Alchemy and Chemistry, SHAC)は,本会前会長の古川安氏に2018年のモリス賞(Morris Award)を授与したと発表しました。(菊池理事からの情報) »

実施済のイベント

第13回化学遺産市民公開講座(2019)

第13回化学遺産市民公開講座(2019)

化学遺産市民公開講座が3/17(日)に甲南大学岡本キャンパスで開催されます。化学史学会も主催団体です。(事務局) »

シンポジウム「周期表が拓く科学と技術 国際周期表年を迎えて」(2019)

新井理事より寄せられた2/23の国際周期表年記念シンポジウムの情報をお知らせします(事務局)。 »

公開シンポジウム「なぜできない?ジェンダー平等」(2019)

化学史学会も加盟しておりますGEAHSSより2/9シンポのお知らせが来ました。本会監事の隠岐さや香会員も講演します。(事務局) »

第15回化学史研修講演会(2018)

第15回化学史研修講演会(2018)

8/18(土)東京・本郷の東京外国語大学本郷サテライトにて,化学史研修講演会を開催します。今回は,齊藤正巳先生と古川安先生にご講演いただきます。 »

2018年度化学史研究発表会(年会)

2018年度化学史研究発表会(年会)

2018年度の化学史研究発表会(年会)は,7月7日(土)8日(日),中央大学後楽園キャンパスで開催します。詳細プログラムを掲載しました(4/17)。 »

特集

化学史学会編『化学史事典』2017年刊行

化学史学会編『化学史事典』2017年刊行

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索