2022年度化学史学会年会

日 時 2022年7月2日(土)、3日(日)
形 式 Zoomによるオンライン開催
    (年会準備委員会委員長:大野誠会長、年会準備委員:和田正法理事)

プログラム

2022年7月2日(土)

9:25~9:30 開会の辞:会長挨拶

9:30~11:30 一般講演  座長:菊池好行
 中辻慎一(兵庫県立大学名誉教授)「ゲーテゆかりの化学史跡について」
 深谷舜(東京外国語大学大学院) 「インドにおける鉄道ゲージの多様性:帝国主義と技術史の間で」
 滝口泰之(千葉工業大学)    「明治初期の駒場農学校における化学教育―農芸化学の誕生―」
 山中千尋(横浜国立大学)    「第3回汎太平洋会議の定量分析」

11:35~12:15 評議員会

13:15~15:45 シンポジウム「化学史研究の半世紀:回顧と展望」(1)   座長:大野誠
 須田千晶(東京大学大学院) 「初期近代ヨーロッパにおける化学史の研究動向—アメリカ人錬金術師ジョージ・スターキーによる「鍵」に関する分析から—」
 東  徹          「宇田川榕菴研究の現在」
 小澤健志((株)NAAリテイリング)「お雇い外国人教師研究の再活性化をめざして—母国での現地調査—」
 八耳俊文          「川本幸民研究の現在」

15:45~16:45 一般講演   座長:古川安
 中根美知代(成城大学)・菊池好行(愛知県立大学)・雨宮高久(日本大学)「片山正夫門下生による1930年前後の量子力学の取り組み」
 Yona Siderer (Hebrew Univ.) “Kuroda Chika (1884-1968): Pioneer Woman Chemist in 20th Century Japan”

16:50~17:40 会員集会

会員交流のため18:15まで開場)

2022年7月3日(日)

9:30~10:30 一般講演   座長:和田正法
 山根伸洋(早稲田大学)「戦時期における川崎京市の研究をめぐって」
 山口達明       「Fukui-Woodward・Hoffmann則―電子論からオービタル論へ―」

10:30~11:45 シンポジウム「化学史研究の半世紀:回顧と展望」(2)   座長:吉本秀之
 川島慶子(名古屋工業大学)「ジェンダーと化学史:男女の関係性の未来へ」
 吉原柚紀         「男性性と科学史」

13:00~14:50 シンポジウム「化学史研究の半世紀:回顧と展望」(3)   座長:渡部智博
 佐藤道洋(愛知県立高等学校非常勤講師)「元素発見史「発見」についての前提事項の検討」
 原  宏(東京農工大学名誉教授)   「環境と科学の研究の化学史」
 黒田光太郎(名古屋大学)       「電子顕微鏡の発達史:化学研究の機器としても」

15:00~16:50 シンポジウム「化学史研究の半世紀:回顧と展望」(4)   座長:田中浩朗
 亀井修(国立科学博物館)「産業技術と産業技術史の博物館での扱われ方の変遷と展望−博物館の視点から−」
 三輪宗弘(九州大学)  「人造石油研究の広がりー日米開戦と及川海相、独の航空機用ガソリン製造とPBレポートー」
 山口真         「量子化学の歴史研究の到達点と今後の課題」

16:50~16:55 閉会の辞:副会長挨拶

   *

一般講演申込締切 2022年2月12日(土)
 講演希望者は、化学史学会公式サイト( https://kagakushi.org/) の一般講演申込フォームから申し込んで下さい。(旧来の方式がよい方は、葉書に、講演題目、氏名、所属、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、E-mail Address)を記して、学会事務局宛にお送り下さい。)

講演要旨締切   2022年3月12日(土)
 講演要旨は、会誌『化学史研究』で刷り上がり1頁に収まるよう、講演題目、講演者名、図・表、本文あわせて2000字以内(本文のみでは1900字以内)で書き、化学史学会公式サイト( https://kagakushi.org/) の投稿フォームから投稿して下さい。(旧来の方式、すなわち、編集委員会宛、CD-ROM等でデジタルデータを付して、印刷物を編集委員会宛に郵送する場合も受けつけますが、できるだけサイトの投稿フォームからお願いします。)
(*上記の分量を超える場合には書き直しをお願いすることもありますのでご注意ください。)
 講演要旨の到着をもって講演申込手続きの完了とします。なお、要旨に関しては過去の『化学史研究』を参照し、講演内容を具体的に記すとともに文献も記載して下さい。

事務局電話番号変更およびファックス番号廃止のお知らせ

事務局が置かれている大学の電話設備更新のため,2022年3月22日より下記の通り化学史学会事務局の電話番号が変更され,またファックス番号が廃止されました。

   記

電話番号変更
 新電話番号 070ー7667ー9054 (旧 03ー5284−5628)

ファックス番号廃止 (旧 03−5284−5628)

以上

『化学史研究』第49巻第1号(2022.3)

会誌『化学史研究』第49巻第1号(通巻第178号)が発行されました(2022.3.15発行)。

 目次

[論文]山中千尋「日本学術振興会黎明期における軍産学の共同研究―特殊鋼製造のための第19小委員会の発足(昭和9年)に注目して―」第49巻(2022): 1-16

[シリーズ:図像科学史]河野俊哉「『舎密開宗』周辺の図像とラヴォワジエ前後の西欧化学史」第49巻(2022): 17-29

[シリーズ:図像科学史] 川島慶子「メトロポリタン美術館の大発見!―ラヴォワジエ夫妻の肖像画の真実―」第49巻(2022): 30-39

[化学史と私]吉原柚紀「伝記を読んで科学に憧れる」第49巻(2022): 40-43

[紹介]岡本拓司 「山本義隆『近代日本一五〇年――科学技術総力戦体制の破綻』2018 」第49巻(2022): 44-46

[紹介]中尾暁 「ジョン・ウォラー『サイエンス超簡潔講座 遺伝』2021 」第49巻(2022): 46-47

[会報]大野誠「2022年度年会シンポジウム「化学史研究の半世紀:回顧と展望」―シンポジウムの趣旨― 」第49巻(2022): 48-49

[会報]「会員の出版物」第49巻(2022): 50

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

ロシアのウクライナ侵攻に対するノーベル賞受賞者たちからの公開書簡

川島慶子会員より,標記公開書簡を和訳したとの情報をいただきました。関連情報とともに会員のみさなまにお知らせします。(5/1事務局)

   *

ロシアのウクライナ侵攻に対するノーベル賞受賞者たちからの公開書簡(川島慶子訳)

オリジナル文書:Nobel Laureate Support for Ukraine

ウクライナに関するステートメントについて

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,2月28日に会長談話「ロシアによるウクライナへの侵攻について」が公表されたとの情報および関連情報が寄せられましたので,会員の皆様にお知らせ致します。(事務局)

   *

日本学術会議会長談話「ロシアによるウクライナへの侵攻について」

このたびのロシアによるウクライナへの侵攻は、世界の平和と安全を脅かし、国際秩序の根幹を揺るがす行為であり、到底、受け入れられるものではありません。このような事態が、人びとの安寧と、世界と日本における学術の発展及び学術の国際的な連携に及ぼす影響を深く憂慮し、対話と交渉による平和的解決を強く望みます。

令和4年2月 28 日
日本学術会議会長 梶田 隆章

日本語:https://www.scj.go.jp/ja/head/pdf/20220228.pdf
英 語:https://www.scj.go.jp/ja/head/pdf/20220228e.pdf

   *

国際学術会議(International Science Council (ISC))のStatement on Ukraine(ウクライナに関するステートメント)(2月28日付)
https://council.science/wp-content/uploads/2020/06/Statement-by-the-International-Science-Council_Ukraine_28.02.22.pdf

国際学術会議のウクライナに関するステートメントを取りまとめたページ
https://council.science/statements-from-the-international-scientific-community-on-the-conflict-in-ukraine/

AsiaChem 日本の化学特集

Yona Siderer会員より,アジア化学会連合の雑誌AsiaChemに日本の化学が特集されたとの情報を頂きましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局)

   *

AsiaChem, Vol. 2, Issue 1 (December 2021), Chemistry in Japan 

上のリンクから,ウェブページ上で読める電子書籍版(表紙画像をクリック)と,各記事のPDFファイルにアクセスできます。

なお,本会の菊池好行会員とYona Siderer会員も共著で“A History of Chemistry in Japan, 1820-1955”(pdf)を寄稿しています。

化学遺産に見る日本の化学の歴史

新井和孝理事より,『化学工業日報』に寄稿された「化学遺産に見る日本の化学の歴史」という記事の提供がありました。化学工業日報社のご厚意により掲載させていただきます。(事務局) »

日本学術振興会への学会推薦候補者募集

毎年,化学史学会には,日本学術振興会から日本学術振興会賞と育志賞の受賞候補者推薦の依頼が来ます。会員の皆様から受賞候補者推薦(自薦を含む)の情報を頂けましたら,理事会で検討させて頂きます。日本学術振興会賞の締切が毎年4月初め頃,育志賞の締切が毎年6月初め頃ですので,2か月くらい前までに事務局までお知らせ頂ければ幸いです。 »

第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告(2021.12)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2021.12.4,事務局)。 »

NHK高校講座化学基礎「化学がたどってきた道」

本学会の渡部智博理事が,NHK高校講座化学基礎で「化学がたどってきた道」と題した番組(2021年10月20日放送)に出演されたとの情報を頂きましたので,会員の皆様にお知らせします。(事務局) »

玉蟲文一初代会長の史料調査協力のお願い

東京大学から,本会初代会長の玉蟲文一先生の私文書の所在調査協力の依頼がありました。 »

シリーズ「科学史の名著」「化学史と私」の原稿を募集しています

2020年の会誌第3号から,新シリーズ「科学史の名著」と「化学史と私」の連載が始まりました。化学史学会編集委員会では,会員の皆様からこれら新シリーズの原稿を募集しています。 »

実施済のイベント

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2022.4)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) »

第15回化学遺産市民公開講座(2022)

今年の第13回化学遺産認定に関連して,第15回化学遺産市民公開講座がオンラインで開催されます。 今回認定された化学遺産3件について,詳しくはリーフレット(pdf)をご参照ください。 »

第18回化学史研修講演会(2021)

8/21(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,吉本秀之先生と後藤達乎先生にご講演いただきます。 »

2021年度化学史学会年会

日 時 2021年7月3日(土)、4日(日) 会 場 オンライン開催     年会準備委員会委員長 菊池好行理事 ★2021年度年会は,当初愛知県立大学で行う予定でしたが,2021年3月20日開催の理事会で全プログラムをオンライン(Zoom)で行うことが決定されました。 »

学術フォーラム「危機の時代におけるアカデミーと未来」(2021.2)

日本学術会議よりフォーラムの案内が来ましたのでお知らせします。本会会員の隠岐さや香氏も講演します。(事務局) »

講演会「日仏における学問と政治」のお知らせ(2021.1)

2021年1月15日に開催される日仏会館のオンライン講演会のお知らせを致します。隠岐さや香会員が講師を務められます(事務局)。 »

特集

化学史事典

化学史事典

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索