学会からのお知らせ

第12回化学遺産市民公開講座(2018)

第12回化学遺産市民公開講座(2018)

化学遺産市民公開講座が3/21(水・祝)に日本大学理工学部船橋キャンパスで開催されます。化学史学会も主催団体です。

第12回化学遺産市民公開講座

開催日:2018年3月21日(水・祝)9:30~12:30
会 場:日本大学理工学部船橋キャンパス14号館3階1434教室

主 催:公益社団法人日本化学会 化学遺産委員会・化学史学会
共 催:日本化学工業協会
後 援:船橋市教育委員会

参加費:無料
申込方法:事前申込不要。当日会場にお越しください。

化学遺産委員会では、平成21年度から化学関連の学術あるいは化学技術遺産の中で特に歴史的に高い価値を有する貴重な史料を認定する『化学遺産認定制度』を開始し、これまで8回43件をそれぞれ認定・顕彰してきました。平成29年度も同様に広く公募し、調査・検証作業をした結果、新たに3件が認定されました。今回の市民公開講座では幕末の幸民ビールの復刻に関する特別講演とともに、認定された3件の化学遺産についてわかりやすく紹介します。ぜひ会場に足をお運びください。

プログラム
総合司会(産総研 名誉リサーチャー)亀山 哲也
9:30-  開会挨拶(化学遺産委員会委員長/京大名誉)植村 榮
9:40- (No.044)グリフィス『化学筆記』およびスロイス『舎密学』 (福井大名誉)沖 久也
10:15-(No.045)第2次世界大戦中に日本でも合成ゴムは工業生産された!-忘れられた歴史ー
(日本化学会フェロー)田島 慶三
10:50- (No.046)化学起業家の先駆け 高峰譲吉〜タカジアスターゼとアドレナリン~
(量研機構 放射線医学総合研究所)新井 和孝
11:25- (特別講演)「幕末の幸民麦酒の復刻物語」(小西酒造(株)取締役生産本部長)辻 巌
12:25- 閉会挨拶(産総研 名誉リサーチャー)亀山 哲也

日本化学会 企画部 飛渡
電話(03)3292-6163 E-mail:chemarch@chemistry.or.jp

2018年度化学史研究発表会(年会)

2018年度化学史研究発表会(年会)

2018年度の化学史研究発表会(年会)は,7月7日(土)8日(日),中央大学後楽園キャンパスで開催します。一般講演申込締切は2月17日(土)です。 続きを読む »

高分子と水・分離に関する研究会(2018)

高分子と水・分離に関する研究会(2018)

3/6に高分子学会の「高分子と水・分離に関する研究会」が開催されます。化学史学会も協賛しています。本会の古川安前会長と北原文雄会員が発表します。申込締切3/5 »

『化学史研究』第44巻第4号(2017.12)

『化学史研究』第44巻第4号(2017.12)

会誌『化学史研究』第44巻第4号(通巻第161号)が発行されました(2017.12.15発行)。2016年度年会でのシンポジウム「近代イギリスにおける科学の制度化:専門分科と公共圏」で報告された内容が特集されています。 »

古川安会員(前会長)新著会員割引のお知らせ

古川安会員(前会長)新著会員割引のお知らせ

化学史学会会員は,古川安会員(化学史学会前会長)の新著『化学者たちの京都学派』(2017年12月,京都大学学術出版会刊)を会員割引で購入することが可能です。 »

実施済のイベント

若手研究発表会・科学史授業セミナー(2017)

若手研究発表会・科学史授業セミナー(2017)

10/8(日)東京・本郷にて, 日本科学史学会と化学史学会の共催企画,若手研究発表会・科学史授業セミナーを開催します。 »

第14回化学史研修講演会(2017)

第14回化学史研修講演会(2017)

8/19(土)東京・御茶ノ水の化学会館にて,化学史研修講演会を開催します。今回は,蟻川芳子先生と松本邦男先生をお迎えし,日本の女性化学者と日本の医薬品開発史についてご講演いただきます。 »

図像科学史研究会シンポジウム(2017)

図像科学史研究会シンポジウム(2017)

9/3(日)東京・本郷にて,化学史学会の新企画「化学史学会ワークショップ」として図像科学史研究会シンポジウムが開催されます。本会の吉本副会長と河野理事も発表します。 »

特集

2017年度化学史研究発表会(年会)

2017年度化学史研究発表会(年会)

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索