第15回化学遺産認定と第17回化学遺産市民公開講座(2024)

日本化学会で行われている化学遺産認定とそれに関連する市民公開講座の情報を掲載します。これらの事業には化学史学会も協力しています。(事務局)

  *

【お知らせ】第15回化学遺産認定~新たに3件を認定します~

2024年2月7日

公益社団法人日本化学会(菅裕明会長)は化学遺産に新たに3件を認定いたしますので、以下の通りお知らせいたします。(認定日は表彰楯授与日の3月19日)なお、4月13日 (土) 13:30 – 16:00にはハイブリッド開催(現地会場:化学会館/オンライン:Zoom)にて無料の市民公開講座を開催いたします。こちらもぜひご参加ください。

【第15回化学遺産認定(詳細はリーフレットPDFをご参照ください)】

認定化学遺産 第065号 国産ペニシリン開発および製造関係資料
          (所 蔵:稲垣晴彦氏、公益財団法人日本感染症医薬品協会、東レ株式会社)

認定化学遺産 第066号 日本に現存する最古のアミノ酸分析計
          (所 蔵:株式会社日立ハイテクサイエンス)

認定化学遺産 第067号 太平洋戦争中に日本でポリスチレンを工業化していたことを示す資料
          (所 蔵:塩野香料株式会社)

※日本化学会では、化学と化学技術に関する貴重な歴史資料の保存と利用促進を目的として、化学遺産委員会(委員長・宮村一夫東京理科大名誉教授)を設置し、活動を行っております。化学遺産認定はこの活動のひとつで、歴史資料の中でも特に貴重なものを認定することによって、文化遺産、産業遺産として次世代にお伝えするとともに、化学に関する学術と教育の向上、化学工業の発展に資することを目的としております。

化学遺産認定第15回リーフレット.pdf

【第17回化学遺産市民公開講座】

■プログラム
13:15-     開場
13:30-13:40 開会挨拶・司会進行  宮村一夫氏(化学遺産委員会委員長/東京理科大学)
13:40-14:10 特別講演:化学遺産活動の歩み概観―化学アーカイブズ活動から20年 
         若林文高氏(国立科学博物館 名誉研究員)
14:15-14:45 『国産ペニシリン開発および製造関係資料』の紹介 
         松本邦男氏(神奈川工科大学名誉教授)
14:50-15:20 日本に現存する最古のアミノ酸分析計 
         伊藤正人氏(株式会社日立ハイテクサイエンス シニアリサーチエンジニア)
15:25-15:55 日本では太平洋戦争中にポリスチレンを工業化していた!
         田島慶三氏(日本化学会フェロー)
16:00-     閉会挨拶  宮村一夫氏(化学遺産委員会 委員長/東京理科大学)

■開催概要
日時:2024年4月13日 (土)13:30 – 16:00
会場:ハイブリッド開催 現地会場:化学会館/オンライン:Zoom
対象:どなたでもご参加いただけます
参加費:無料
申込方法:peatixよりお申込みください(https://dai17-kagakuisan.peatix.com
主催:日本化学会
共催:化学史学会

以 上

■お問合せ先
公益社団法人日本化学会 広報 飛渡(ひわたり)
E-mail:pr@chemisry.or.jp

情報源:日本化学会ウェブサイト

化学史学会オンライン研究会

今後の予定
 現在のところ,以下のような予定があります。リンクをクリックすると,詳細情報と参加申込フォームボタンが現れます。



続きを読む »

2024年度化学史学会年会

日 時 2024年9月7日(土)、8日(日)
会 場  甲南大学 岡本キャンパス

    〒658-8501 兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
     阪急電鉄「岡本」駅から徒歩約10分、JR「摂津本山」駅から徒歩約12分 →行き方(周辺地図)

開催方式 対面(海外在住の方や対面参加が難しい方のため,オンライン配信を予定。ただし,発表は原則として現地対面のみ

主 催 化学史学会
年会準備委員会委員長:平野恭平理事

一般講演申込締切 2024年2月17日(土)
講演希望者は、化学史学会公式サイト( https://kagakushi.org/) の一般講演申込フォームから申し込んで下さい。(旧来の方式がよい方は、葉書に、講演題目、氏名、所属、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、E-mail Address)を記して、学会事務局宛にお送り下さい。)

一般講演申込期間は終了致しました。

講演要旨締切   2024年3月16日(土)
講演要旨は、会誌『化学史研究』で刷り上がり1頁に収まるよう、講演題目、講演者名、図・表、本文あわせて1,600字以内(本文のみでは1,500字以内)で書き、化学史学会公式サイト( https://kagakushi.org/) の投稿フォームから投稿して下さい。
(郵送方式、すなわち、CD-ROM等でデジタルデータを付して、印刷物を事務局に郵送する場合も不可とはしませんが、できるだけサイトの投稿フォームからお願いします。)
(*上記の分量を超える場合には書き直しをお願いすることもありますのでご注意ください。)
講演要旨の到着をもって講演申込手続きの完了とします。なお、要旨に関しては過去の『化学史研究』を参照し、講演内容を具体的に記すとともに文献も記載して下さい。

投稿フォーム

『化学史研究』第50巻第4号(2023.12)

会誌『化学史研究』第50巻第4号(通巻第185号)が発行されました(2023.12.15発行)。

 目次

[シンポジウム]山口真「量子化学の歴史研究の到達点と今後の課題」第50巻(2023): 161-169

[シンポジウム]三輪宗弘「人造石油研究の広がり–日米開戦と及川海相,独の航空機用ガソリン製造とPBレポ-ト–」第50巻(2023): 170-172

[シンポジウム]東徹「宇田川榕菴研究の現在」第50巻(2023): 183-196

[広場] 内田正夫「天保十年の気温測定」第50巻(2023): 197-198

[広場] 新井和孝「「東京大学理学部化学科誕生の地」プレートの設置」第50巻(2023): 199-201

[紹介] 田中祐理子「月澤美代子『ツベルクリン騒動 明治日本の医と情報』2022 」第50巻(2023): 202-204

[紹介] 松山裕貴・荒木裕太・猪鼻真裕・柳下壱靖・渡邊香里「Isis特集「教育学」 」第50巻(2023): 204-208

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

日本学術会議会長メッセージ『日本学術会議の在り方に関する有識者懇談会「中間報告」及び「日本学術会議の法人化に向けて」について』(2023.12)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,光石会長のメッセージが届きましたので,会員の皆様にお知らせします。(事務局) »

シリーズ「科学史の名著」「化学史と私」の原稿を募集しています

2020年の会誌第3号から,新シリーズ「科学史の名著」と「化学史と私」の連載が始まりました。化学史学会編集委員会では,会員の皆様からこれら新シリーズの原稿を募集しています。 »

実施済のイベント

第20回化学史研修講演会(2023)

8/19(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,三輪紫都香先生と田中陵二先生にご講演いただきます。 »

2023年度化学史学会年会

日 時 2023年7月8日(土)、9日(日) 会 場  一橋大学一橋講堂 https://www.hit-u.ac.jp/hall/      〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター2階      地下鉄神保町駅から徒歩4分、地下鉄竹橋駅から徒歩4分 →行き方(周辺地図) »

特集

化学史事典

化学史事典

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索