第18回化学史研修講演会(2021)

8/21(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,吉本秀之先生と後藤達乎先生にご講演いただきます。

クリックで拡大

日 時 2021年8月21日(土)13:00~16:15
会 場 Zoomによるオンライン開催
主 催 化学史学会
後 援 (公社)日本化学会,日本基礎化学教育学会,日本理化学協会,東京都理化教育研究会

参加費 無料
・参加登録者は,無料で資料(pdf版)のダウンロードができるようにする予定です.
冊子版資料代1000円発送手数料300円を振り込んだ方へ冊子版資料を開催(8月21日)前にお届けする予定です.ご希望の方は,送付先を明記の上,8月10日(火)までに郵便局備え付けの振替用紙を用いて次の振替口座へ1300円を送金して下さい.なお,締切を過ぎても,残部があれば資料代1000円と発送手数料300円で頒布いたしますので,ご希望の方は学会事務局までご連絡下さい.
 振替口座:00180-0-175468 加入者名:化学史学会
・開催後も1週間は録画視聴を可能としますので,当日参加ができなくても参加申込ができます.
・研修講演会の修了証が必要な方は,参加申込の際にお知らせ下さい.終了後,修了証の電子ファイルをメールでお送りします.

参加申込方法 下のボタンをクリックし,申し込みフォームからお申し込み下さい.
参加申込締切 2020年7月23日(金)※すでに過ぎていますが,当日まで参加申込できます.
問合先
 化学史学会事務局

化学史研修講演会参加申込フォーム

プログラム

12:50 開場

13:00~14:30
吉本秀之(東京外国語大学教授)「化学史における図像について」
歴史上最初の錬金術/化学教科書は、イエナ大学歴史学・詩学教授、アンドレアス・リバヴィウスの『アルケミア』(1597)であった。1606年、リバヴィウスは、この書の第2版を出版するが、初版にはなかった212点もの図版を掲載した。アレンビック、レトルト、ガラス容器、炉等、化学の器具と装置を体系的に図解した。今回の講演では、リバヴィウスの図を転換点として、リバヴィウスの図のもととなったものを探り、ついで17世紀18世紀の化学書/化学教科書における図の変遷をラヴォワジェの時代までサーヴェイしたい。

休 憩

14:45~16:15
後藤達乎(化学遺産委員、元(株)ダイセル)「化学遺産に学ぶ -上野彦馬と長井長義-」
日本化学会化学遺産委員会では2009年度より2019年度までに54件のわが国の化学関連の文化遺産を「化学遺産」として認定してきた。多岐にわたる化学遺産に学ぶべきことは多い。その中から、幕末から明治にかけて、わが国化学の暁を担った写真の開祖「上野彦馬」と日本薬学の祖「長井長義」に焦点を当てる。長崎における二人の接点および二人の生い立ちからわが国黎明期の化学の発展に尽くした業績について、化学遺産調査を通じて得られたエピソードを含めて紹介したい。

   *

参考:これまでの化学史研修講演会

公募情報:東京電機大学(人間科学系列)(技術者教養領域)

東京電機大学人間科学系列が「技術者教養領域」を専門とする准教授・助教各1名を公募しています。

採用予定:2022年4月1日
応募締切:2021年8月2日(必着)

詳しくは、下記サイトをご覧下さい。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121061978&ln_jor=0
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121061979&ln_jor=0

2021.7.21掲載(事務局)

シンポジウム「化学史の半世紀:回顧と展望」(仮題)の発表者を募集します

 2023年に本学会は創立50周年を迎えます.  これを記念して, 本学会では以下のような趣旨のシンポジウムを1年前倒しで開催することになりました.  多数の会員からの申し込みをお待ちいたします. 

<シンポジウムの趣旨>

 本学会が設立されてから半世紀がたちます.  50周年という区切りは単なる通過点かもしれませんが, 化学史という学問分野の「これまで」と「これから」について, 一度立ち止まって考える良い機会ではあります.  化学史研究はこの50年間にどのように歩み, またこれからの50年にむけて何を展望できるのでしょうか.  会員それぞれの方からご関心の領域について話題を提起していただき, 学会全体で考える場を持ちたいと思います.  発表していただく話題について特に制約はありません.  本学会での化学史は化学・化学技術の学説史だけでなく, 化学と社会の関係(ジェンダー, 戦争, 環境, 化学遺産など)を幅広く取り上げてきたからです.  (話題について何か気がかりな点がありましたら事前にご相談ください.  )「回顧」(これまでの研究の成果と問題点を明らかにする)と「展望」(これからの研究について具体的に提案する)のどちらに重点をおいていただいても結構です. 

 今回のシンポジウムでは, 規模がかなり大きくなりそうです.  とはいえ, 年会ではこれまで通り一般講演も開催する予定です.  シンポジウムと一般講演の調整をするために, シンポジウム発表の申し出を早めにしていただきます.   

発表希望者は10月10日(日)までに, 学会事務局へ発表題目, 発表者氏名, 連絡先(メールアドレス)をご連絡ください(本サイト問い合わせフォームをご利用ください). 

『化学史研究』第48巻第2号(2021.6)

会誌『化学史研究』第48巻第2号(通巻第175号)が発行されました(2021.6.15発行)。

 目次

[研究ノート]山中千尋「日本学術振興会の設立に関する資料の検討」第48巻(2021): 63-73

[広場]山口達明・瀧口泰之「『日本化學總覧』で明治大正期日本の化学を発掘しましょう」第48巻(2021): 74-78

[広場]吉原賢二「日本人の原子爆弾・原子力災害の体験の歴史」第48巻(2021): 79-82

[科学史の名著]古川安「Thackray, Atoms and Powers, 1970」第48巻(2021): 83-86

[科学史の名著]山口まり「Peter Galison, Image and Logic, 1997」第48巻(2021): 87-88

[科学史の名著]小澤健志「下村寅太郎「精神史としての科学史」1955」第48巻(2021): 89-90

[化学史と私]川島慶子「それは「『ヴェニスに死す』の想い出」から始まった」第48巻(2021): 91-93

[化学史と私]隠岐さや香「パリ王立科学アカデミー財務主任ラヴォワジエ、その誠実さと知への愛」第48巻(2021): 94-95

[化学史と私]八耳俊文 「地球化学から化学史の研究 」第48巻(2021): 96-98

[紹介]小澤健志「木村光『発酵学の革命』2020 」第48巻(2021): 99-101

[紹介]大野誠・倉橋七生・小川梨里香「金澤周作監修『論点・西洋史学』2020 」第48巻(2021): 101-102

[年会特集]「2021年度化学史学会年会詳細プログラム」第48巻(2021): 103

[特別講演]佐藤一信(愛知県陶磁美術館)「近代窯業の父としてのワグネルについて—ワグネルによる旭焼きの創出を中心に—」第48巻(2021): 104-106

[特別講演]中野裕子(博物館明治村)「保存と活用の間で-歴史的建造物から歴史を伝えること—」第48巻(2021): 107-109

[シンポジウム]菊池好行「シンポジウム「化学産業遺産・史跡の今-保存と活用の間で」趣旨説明」第48巻(2021): 110

[シンポジウム]若林文高「国立科学博物館の理化学学史料と未来技術遺産登録」第48巻(2021): 111-112

[シンポジウム]加藤玲子(花王ミュージアム) 「花王のアーカイブズ活動」第48巻(2021): 113-115

[シンポジウム]新井和孝「山陽小野田市の化学産業アーカイブス活動」第48巻(2021): 116-117

[一般講演]山口まり「ペーパークラフト分子模型-αケラチンの構造モデル」第48巻(2021): 118

[一般講演]黒田光太郎「超高圧電子顕微鏡開発と名古屋大学」第48巻(2021): 119

[一般講演]武山高之「産学共同医療用具開発事例(2)敗血症治療カラム“トレミキシン”」第48巻(2021): 120

[一般講演]須田千晶「ジョージ・スターキー(1628-1665)のキミア研究」第48巻(2021): 121

[一般講演]原宏「18世紀における空気の人体影響の認識」第48巻(2021): 122

[一般講演]Yona Siderer「Western Sources Studied by Udagawa Youan (1798-1846) in his Chemistry (Seimi Kaisou) and Botany (Shokugaku Keigen) Books」第48巻(2021): 123

[一般講演]山中千尋「 理化学研究所から日本学術振興会への継承と変容」第48巻(2021): 124

[一般講演]滝口泰之,山口達明「ゲノム編集は化学か」第48巻(2021): 125

[一般講演]中辻慎一「ドイツ化学会化学史跡プログラムについて」第48巻(2021): 126

「会員の出版物 2020-2021」第48巻(2021): 127

[会告]「今期(2021年4月1日〜2023年3月31日)の役員等について」第48巻(2021): 128

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
会員  1500円
非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

オンライン企画展「明石博高と島津源蔵―京の近代科学教育の先駆者たち―」

八耳俊文会員より,国際日本文化研究センターのサイトで,次のオンライン企画展が開催されているとの情報をいただきましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局) »

第182回日本学術会議総会及び記者会見(4月22日)に関する報告(2021.4)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,第182回日本学術会議総会及び記者会見(4月22日)に関する報告(2021.4.23付)が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2021.4.24,事務局)。 »

第12回化学遺産認定(2021)

新井理事より,今年の化学遺産認定について情報が寄せられましたので,掲載します(事務局)。    * 第12回化学遺産認定 認定化学遺産 第055号 日本の石油化学コンビナート発祥時の資料 認定化学遺産 第056号 苦汁・海水を原料とする臭素製造設備と磁製容器 認定化学遺産 第057号 再製樟脳蒸留塔 紹介リーフレット(pdf) »

年会費の振込先

2021年1月,2021年度の会費請求を送らせて頂きました。会費は,ゆうちょ銀行の口座に送金頂くことを原則としています。請求書には郵便局から送るための振替用紙を同封していますが,ゆうちょ銀行やその他の銀行からオンラインバンキングでご送金いただくことも可能です。その場合は,次の口座にお送りください。(事務局) »

次期役員選挙の結果(会告)

選挙管理委員会による会告を掲載します。(事務局) »

環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021) のお知らせ

環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021) のお知らせ

2021年12月16日〜21日の6日間,米国ハワイ州ホノルルで「環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021)」が開催されます。 »

実施済のイベント

2021年度化学史学会年会

日 時 2021年7月3日(土)、4日(日) 会 場 オンライン開催     年会準備委員会委員長 菊池好行理事 ★2021年度年会は,当初愛知県立大学で行う予定でしたが,2021年3月20日開催の理事会で全プログラムをオンライン(Zoom)で行うことが決定されました。 »

認定化学遺産の解説セミナー(2021)

3/27(土)日本化学会が2021年および2020年に認定した化学遺産を解説するセミナーをオンラインで開催します。通常は,毎年3月に日本化学会春季年会で化学遺産市民公開講座(日本化学会化学遺産委員会・化学史学会 主催)が開催されてきましたが,昨年と今年はコロナ禍の影響で中止となりました。このオンラインセミナーはそれに代わるものとして企画されました。 »

学術フォーラム「危機の時代におけるアカデミーと未来」(2021.2)

日本学術会議よりフォーラムの案内が来ましたのでお知らせします。本会会員の隠岐さや香氏も講演します。(事務局) »

講演会「日仏における学問と政治」のお知らせ(2021.1)

2021年1月15日に開催される日仏会館のオンライン講演会のお知らせを致します。隠岐さや香会員が講師を務められます(事務局)。 »

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2020.10)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) »

第17回化学史研修講演会(2020)

8/22(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,山口達明先生と新井和孝先生にご講演いただきます。 »

特集

化学史事典

化学史事典

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

International Workshop for the History of Chemistry 2015 Tokyo

会誌記事検索

会誌記事検索