月別: 2014年6月

2014年度化学史研究発表会(年会)

2014年度年会ポスター日 時 2014年7月5日(土)・6日(日)

会 場 広島工業大学 広島校舎 201号室, 301号室 →施設案内・アクセスマップ
    〒730-0811 広島市中区中島町5-7 TEL:082-249-1251 FAX:082-249-2066
続きを読む »

『化学史研究』第41巻第2号(2014.6)

会誌『化学史研究』第41巻第2号(通巻第147号)が発行されました(2014.6.15発行)。

目次

[論文]寺田元一「『百科全書』における化学」第41巻(2014): 61-78

[研究ノート]李 麗「近代化学の漢訳書における化学元素名に関する研究」第41巻(2014): 79-85

[広 場] 川島慶子「エミリー・デュ・シャトレ『火の論文』(1744)異本について」第41巻(2014): 86-89

[解 説]ロナルド・K.スメルツァー「初期ヨーロッパ書籍入門:エミリー・デュ・シャトレ『火の本性と伝搬について論考』(1744) 」第41巻(2014): 90-93

[紹介] 森脇江介、住田朋久、橋本雄太、伊藤憲二、坂本邦暢,藤本大士「 Isis特集:「科学史の未来」」第41巻(2014): 94-96

[紹介] 園部利彦「ポンティング『世界を変えた火薬の歴史』」第41巻(2014): 96

[年会特集]「年会詳細プログラム」第41巻(2014): 97

[特別講演]廣田襄「20世紀化学史の試み:『現代化学史』を書いて」第41巻(2014): 98-100

[特別講演]山内正之「日本陸軍の化学兵器製造-大久野島毒ガス工場の実態-」第41巻(2014): 101-102

[シンポジウム]菊池好行「水島三一郎をめぐる国際関係」第41巻(2014): 103-104

[シンポジウム]古谷紳太郎「前期量子論の起点としての1911年第1回ソルヴェイ会議について」第41巻(2014): 105-106

[シンポジウム]和田正法「1929年東京で開催された万国工業会議にみる日本の化学界」第41巻(2014): 107-108

[シンポジウム]山口まり「機器分析の国際展開:1930年から1950年代における気体電子線回折法」第41巻(2014): 109-110

[シンポジウム]梶雅範「天然物化学における歴史的転換点を探る:眞島利行から1964年国際天然物化学会議へ」第41巻(2014): 111

[一般講演]森響一「アボガドロ数決定法の歴史とその意義」第41巻(2014): 112

[一般講演]北原文雄「コロイドの安定性をめぐる化学史」第41巻(2014): 113

[一般講演]山口真「1930年代の多原子分子の研究における東欧の科学者の貢献」第41巻(2014): 114

[一般講演]黒田光太郎「電子顕微鏡その場観察による化学反応の研究事始め」第41巻(2014): 115

[一般講演]武山高之「ドイツ化学史の旅(5) 1850年代および60年代のドイツ化学」第41巻(2014): 116

[一般講演]河野俊哉「東京大学理学部化学教室における化学教育の伝統とその影響:「化学史」科目の変遷をもとに」第41巻(2014): 117

[一般講演]石田純郎「岡山医大 清水多栄教授医化学講義(1924-1925)の三木良定筆記の講義録」第41巻(2014): 118

[一般講演]三浦勇一「岩瀬徳三郎と越智圭一郎―トクヤマにおけるアンモニアソーダ工業史」第41巻(2014): 119

[一般講演]原宏「乾性沈着研究の歴史」第41巻(2014): 120

   *

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。