月別: 2021年12月

日本学術振興会への学会推薦候補者募集

毎年,化学史学会には,日本学術振興会から日本学術振興会賞育志賞の受賞候補者推薦の依頼が来ます。会員の皆様から受賞候補者推薦(自薦を含む)の情報を頂けましたら,理事会で検討させて頂きます。日本学術振興会賞の締切が毎年4月初め頃,育志賞の締切が毎年6月初め頃ですので,2か月くらい前までに事務局までお知らせ頂ければ幸いです。 続きを読む »

『化学史研究』第48巻第4号(2021.12)

会誌『化学史研究』第48巻第4号(通巻第177号)が発行されました(2021.12.15発行)。

 目次

[シリーズ:図像科学史] 田中祐理子「原子の可視化・再考―<原子の図像科学史>のために―」第48巻(2021): 183-194

[技術史シリーズ]佐藤隆雄「純国産初の金属マグネシウム―閃光のごとき光芒の軌跡―」第48巻(2021): 195-201

[紹介]山根伸洋「アーロン・S・モーア『「大東亜」を建設する―帝国日本の技術とイデオロギー―』2019 」第48巻(2021): 206-208

[紹介]大野誠「石田純郎『世界の美しい病院ーその歴史』2021 」第48巻(2021): 208

[紹介]田島慶三「岡本文一『日本近世・近代のガラス論考』2020 」第48巻(2021): 208-211

[紹介]新井和孝「児玉俊一 『日本フッ素化学の源流をたずねて(1830〜1970)』2018 」第47巻(2020): 212-214

[紹介]新井和孝「藤嶋昭監修『すごい科学者のアカン話』2020 」第48巻(2021): 214-215

[会報]「2021年度通常総会(書面議決)報告」第48巻(2021): 216-219

[訂正]新井和孝「Errata」第48巻(2021): 220-222

[会報]「投稿規程」第48巻(2021): 223-224

※バックナンバーをご注文頂けます →バックナンバーの総目次はこちら

価格は、国内の場合は送料込みで1部
 会員  1500円
 非会員 2500円
です。会員・非会員の別、送付先(海外の場合は送料別途)、必要部数を事務局に注文して下さい。

第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告(2021.12)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2021.12.4,事務局)。

続きを読む »

大学院生ワークショップ発表者募集

菊池副会長より,2022年5月13-14日に開催が予定されている大学院生ワークショップの発表者募集情報が寄せられましたので,会員の皆様にお知らせします。応募締切は2022年2月1日です。ご関心のありそうな若手研究者にご紹介頂ければ幸いです。(事務局) 続きを読む »