お知らせ

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2019.10)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局)

   *

「医家の詩文と書画」をテーマに、第71回特別展示会および第42回研究講演会を以下の要領にて開催いたします。ご多用中とは存じますが、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

第71回 特別展示会 「医家の詩文と書画」

期 間 : 2019年10月21日(月)〜11月1日(金)【10月22日(祝)は休館】
時 間 : 10:00〜16:00(但し、26日(土),27(日)は17:00まで開館します)
場 所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 1階 杏雨書屋 特別展示室

見学のお申込み等は必要ありません。展示期間終了後に見学を希望される方は、見学の可否をお問い合わせの上ご来館ください。展示品の多くは2020年3月末まで展示予定です。

第42回 研究講演会

日 時 : 2019年10月27日(日) 13:00〜15:00
場 所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 5階ホール
演題・講師 :
Ⅰ:「上田秋成の伯(叔)父・樋口道与―延享の朝鮮通信使との関係を中心に―」
   二松學舍大学 教授 長島 弘明 先生
Ⅱ:「堀景山―曾祖父杏庵と門弟本居宣長―」
   盛岡大学 学長 高橋 俊和 先生

研究講演会へ参加をご希望の方は、10月17日(木)までにTEL、FAX、E-mail、葉書などにて下記までご連絡(参加予約)をお願いいたします。 尚、参加人数が5階会場の定員を超えた場合には、当日のご来場順で5階サテライト会場へのご案内となりますことをご了承ください。

TEL : 06-6233-6108
FAX : 06-6233-6112
E-mail : kyou@takeda-sci.or.jp
住所 : 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-3-6 武田科学振興財団 杏雨書屋

ウェブサイト:https://www.takeda-sci.or.jp/business/kyou.html

公開中の会誌バックナンバーを追加しました

化学史学会では,一部の会誌バックナンバーの公開を始めました。住所等の個人情報を除き,全文をウェブ上で閲覧することができます。

これまで公開していた第1号から第3号に加え,9/17に第4号(1975)第5号(1976)を公開しました。(事務局)

Web公開中の会誌バックナンバー

第5回学術賞候補著作の推薦について(締切8/31)

 以下の要領で候補著作の推薦を受け付けます.自薦・他薦を問わず奮ってご応募ください. 続きを読む »

化学史学会編『化学史への招待』2019年刊行

化学史学会編『化学史への招待』2019年刊行

化学史学会編『化学史への招待』がオーム社から2019年1月に刊行されました。電子書籍版もあります。化学史の新しい入門書として活用されることが期待されます。(事務局) 続きを読む »

「会員の出版物 」更新(6/26)

「会員の出版物 」更新(6/26)

会員の出版物」コーナーに,下記出版物を追加しました。 続きを読む »

年会 一般講演発表者への連絡事項

化学史学会年会 一般講演発表者のみなさまへ

 年会準備委員会より,一般講演の発表に関する情報をお伝え致します。

1.使用機材について

 パワーポイントを利用する場合は,ファイルをUSBメモリに入れて持参し,セッションが始まる前に,こちらで用意したパソコンにファイルをコピーし,あらかじめテストしてください。

 あるいは,ご自分のノートパソコンを持参し,発表開始時に会場のプロジェクタに接続してください。なお,接続はVGAケーブルのみ対応します(HDMIケーブルは不可)。

 レーザーポインターは学会が用意します。

2.配付資料について

 配付資料がある場合は,一般講演の参加者は多くて50名程度ですので,50部用意いただければ足りると思われます。

3.発表時間について

 一般講演の一人の持ち時間は,質疑応答を含めて30分です。ベルは,
  終了15分前に 1鈴
  終了10分前に 2鈴
  終了時刻に   3鈴
を鳴らします。発表は終了10分前くらいで終わるようにしてください。

化学史学会 2019年度 通常総会議題

2019年度通常総会の議題を掲載します。(事務局) 続きを読む »

『化学史研究』投稿規程の一部改訂

5/12開催の理事会において,『化学史研究』投稿規程の一部改訂が承認されました。改訂のポイントは以下の通りです。 続きを読む »

2019年度年会2日目(日曜日)の会場(立正大学構内)への入り方

第2日目の日曜日は、正門や会場の9号館の入り口が閉鎖されてしまいますので、正門右脇のスロープから構内に入ることになります。その入り口付近の様子と進路を示したのが2枚の画像です。スロープの途中で左に曲がりますが、それ以後は案内表示に従っていけば会場につきます。

戻る

役員の補充について(会告)

2019年4月1日,昨年の役員選挙で当選した新役員(選挙結果はこちら)による理事会が発足しました。

監事に当選しました林眞一郎会員が都合により辞退されましたので,監事が2名とも欠員となりました。そこで理事会は役員選挙に関する内規第11条および化学史学会細則第15条により次の2名を監事に選任いたしました。

山口まり会員 吉田晃会員

2019年4月6日

化学史学会会長 大野誠