化学史学会会則

第1章 総則
1.本会を化学史学会と称する.
2.本会は事務局長の勤務地に事務局を置く.
3.本会は, 理事会の決議を経て, 必要の地に支部を置くことができる.

第2章 目的および事業
4.本会は, 会員相互の協力によって化学史研究の発展と普及をすすめることを目的とする.
5.本会は, 前項の目的を達成するため、次の事業を行う.
(1) 会誌および化学史に関する資料の刊行
(2) 化学史に関する研究会, 講演会, 講習会および学会等の開催
(3) 化学史に関する資料の収集と保存
(4) 化学史研究に関する内外諸団体との研究連絡および情報の交換
(5) 化学史に関する研究の助成および表彰
(6) その他前項の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員および会費
6.本会の会員の種別は次のとおりとする.
(1) 正会員 化学史に関心を持つ者, その研究を行おうとするもので, 入会金を納め, 会費を納める者
(2) 学生会員 化学史に関心を持つ学生で, 入会金を納め, 会費を納める者
(3) 維持会員 本会の目的に賛同し, その事業を維持するため, 会費を納める団体または個人
(4) 賛助会員 本会の目的に賛同し, その事業を賛助するため, 会費を納める団体または個人
(5) 名誉会員 本会の活動ならびに化学史研究に特に顕著な貢献があり, 総会の決議を経て推薦された者
名誉会員は会費を納めることを必要としない.
7.会員になろうとするものは, 入会金および会費を添えて入会申込を提出し, 理事会の承認を受けなければならない.
8.会員は, 本会が刊行する会誌および資料の優先的配布を受けることができ, また本会の行う事業の案内を受け, 参加することができる.
9.会員は, 次の理由によってその資格を喪失する.
(1) 退会
(2) 除籍
(3) 個人の死亡または団体の解散
10.学生会員は, 学生の身分を離れたときは自動的に正会員となる.
11.会員で退会しようとするものは, 理由を付して退会届を提出し, 会費の未納があるときはこれを完納しなければならない.
12.会員が次の各号の1に該当するときは, 理事会の議決を経て, 会長がこれを除籍することができる.
(1) 会費を1年以上滞納したとき
(2) 本会の名誉を傷つけ, または本会の目的に反する行為のあったとき
13.既納の会費は, いかなる理由があってもこれを返還しない.

第4章 役員、評議員および職員
14.本会に次の役員をおく.
会長    1名
理事    12名(副会長1名, 事務局長1名を含む)
監事    2名
15.役員は正会員・学生会員の投票により選任する.
16.会長は本会を代表する. 副会長は会長を補佐し, 会長に事故のあるときはその職務を代行する. 事務局長は事務局を統括する. 会長, 理事(副会長, 事務局長を含む)は理事会を構成し, 業務を執行する.
17.監事は会務を監査する.
18.本会に20名程度の評議員をおく. 評議員は, 理事会の審議に基づき, 会長がこれを委嘱する.
19.評議員は評議員会を組織し, 本会の重要事項について理事会の諮問に応じ, また会長に対して必要と認める事項について助言する.
20.役員および評議員の任期は2年とする. ただし再任を妨げない.
21.本会の事務を処理するため職員をおくことができる. 職員は会長が任免し, 有給とする.

第5章 会議
22.理事会は, 会長が招集し, 年6回程度開催する. 会長が会議の議長となる.
23.理事会は理事現在数の2分の1以上の出席がなければその議事を開き, 議決することができない. ただし当該議事につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者は出席とみなす.
24.理事会の議事は, 特に定める場合を除き, 出席理事の過半数でこれを決し, 可否同数のときは, 議長の決するところによる.
25.通常総会は年1回開催する. 次の事項は総会に提出し, その承認を受けなければならない.
(1) 事業計画および収支予算
(2) 事業報告および収支決算
(3) 財産目録および貸借対照表
(4) その理事会において必要と認めた事項
臨時総会は理事会または監事が必要と認めたとき, 招集することができる.
26.総会の議長は会長とする.
27.総会は会員現在総数の10分の1以上の出席がなければ, その議事を開き, 議決することができない. ただし当該議事につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者は出席とみなす.
28.総会の議事は特に定める場合を除き, 出席者の過半数でこれを決し, 可否同数のときは、議長の決するところとする.
29.理事会および総会の議事録は議長が作成する.

第6章 会計
30.本会の資産は次のものとする.
(1) 会費
(2) 事業にともなう収入
(3) 資産から生ずる果実
(4) 寄付金品
(5) その他の収入
31.本会の事業遂行に要する費用は、会費、事業にともなう収入, 資産から生ずる果実その他の資産を持って支弁する.
32.本会の会計年度は毎年4月1日に始まり, 翌年3月31日に終わる.

第7章 会則の変更および会の解散
33.この会則は, 理事会および総会においておのおのの出席者の3分の2以上の議決を経なければ変更することができない.
34.本会の解散は, 理事会および総会においておのおのの出席者の4分の3以上の議決を経なければならない.

第8章 補則
35.この会則施行についての細則は, 理事会で別に定め, 総会に報告する.

付則
36.この会則は1992年11月14日よりこれを施行する.
この会則は2000年6月17日よりこれを施行する.
この会則は2001年6月16日よりこれを施行する.