月別: 2019年11月

科学史セミナー開催のお知らせ(2019.12)

川島慶子会員からの情報です。(事務局)

   *

Women in their Element: 元素発見の歴史における女性科学者たちの戦い

メンデレーエフによる周期律発見150周年を記念して出版されたWomen in their Elementsの編集主幹Annette Lykknes, Brigitte Van Tiggelen両氏を招いてのセミナーを開催いたします。会場は名古屋駅近くの便利な場所です。非常に貴重な機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

クリックで拡大

日時:2019(令和元)年12月6日(金)17:00-19:00

会場:名古屋経済大学 名駅サテライトキャンパス 63室

 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-25-13(名古屋駅より「ミヤコ地下街4番出入口」から東へすぐ)

 会場tel: 052-569-2882

司会 菊池好行(名古屋経済大学)

17:00-17:15 川島慶子(名古屋工業大学): “An introduction to Gender and Science studies, in Japan and in the world”

17:15-17:55 Annette Lykknes(ノルウェー科学技術大学): “Women, elements and the Periodic System: stories of female contributions “

17:55-18:25 Brigitte Van Tiggelen(アメリカ科学史研究所): “Women in their Element: life trajectories of fame or invisibility”

18:30-19:00 質疑応答

入場自由

連絡先

菊池好行:ykikuchi@nagoya-ku.ac.jp

川島慶子:kawashima.keiko@nitech.ac.jp

「著作権に関する学会の指針」を改訂

2019年11月2日開催の理事会で,「著作権に関する学会の指針」の改訂案が承認されました。

化学史学会では,会誌『化学史研究』に掲載された記事を,その記事の著者(またはその著者の所属機関)が機関リポジトリ等に転載することを,一定の条件(オープンアクセス方針に記載)のもとに認めてきました。

他方,以前定めた「著作権に関する学会の指針」では,転載に関しては学会に申請して許諾を得なければならないとされています。

そこで,今回の改訂では,「著作権に関する学会の指針」の中で,オープンアクセス方針に記載された条件を満たせば,許諾申請することなく転載ができることを明記しました。

改訂部分(追加)は以下の下線部分です。

4. 本学会が著作権を有する著作物の著作者が、その著作物の全部または一部の転載を希望する場合には、事前に別に定める転載許諾申請書を用いて本学会に転載許諾を求めなければならない。この場合に、本学会が適当と認めたものに限り、許諾を行うものとする。ただし、別に定めるオープンアクセス方針の条件を満たしている場合は、機関誌『化学史研究』に掲載された著作物の著作者は許諾を得ることなくその著作物を転載することができる。

なお,本学会のオープンアクセス方針は以下のサイトで公開されています。

学協会著作権ポリシーデータベース
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/detail/journal/id/J000401
(条件の一つに「事前に照会を行うこと」が含まれていますが,これはその転載がオープンアクセス方針の条件を満たしているかどうか学会が事前に確認するためのものです。)

金城コレクション科学者の肖像リスト公開

元化学史学会理事,故金城徳幸氏が遺した科学者の肖像コレクションのリストを公開します。このリストにより,科学者の肖像(画または写真)の有無を確認することができます。

化学史学会会員は,学会に請求すると肖像の出典情報などより詳しい情報を入手することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

なお,科学者の肖像コレクション自体は,現在国立科学博物館に保管されています。