月別: 2020年7月

第17回化学史研修講演会(2020)

8/22(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,山口達明先生と新井和孝先生にご講演いただきます。

会 期 2020年8月22日(土)13時~16時15分
会 場 Zoomによるオンライン開催
主 催 化学史学会
後 援 (公社)日本化学会,日本基礎化学教育学会,日本理化学協会,東京都理化教育研究会(予定)

参加費 無料
・参加登録者は当日,無料で資料(pdf版)のダウンロードが可能です.
冊子版資料代1000円(数量限定のおまけあり)と発送手数料300円を振り込んだ方へ冊子版資料を開催(8月22日)前にお届けする予定です.ご希望の方は,送付先を明記の上,8月11日(火)までに郵便局備え付けの振替用紙を用いて次の振替口座へ1300円を送金して下さい.なお,締切を過ぎても,残部があれば資料代1000円と発送手数料300円で頒布いたしますので,ご希望の方は学会事務局までご連絡下さい.
 振替口座:00180-0-175468 加入者名:化学史学会
開催後も1週間は録画視聴を可能としますので,当日参加ができなくても参加申込ができます.
研修講演会の修了証が必要な方は,参加申込の際にお知らせ下さい.終了後,修了証の電子ファイルをメールでお送りします.

参加申込方法 下のボタンをクリックし,申し込みフォームからお申し込み下さい.
参加申込締切 2020年7月24日(金) ※ただし,参加申込は当日まで受け付けます.
問合先
 化学史学会事務局

化学史研修講演会参加申込フォーム

 

プログラム

13:00~14:30

山口達明「我国の有機化学教科書の進歩」

1.教科書に見る有機化学の進歩—電子説登場前
2.有機電子論誕生と我が国への導入
3.電子論のほころび
4.電子よりオービタル
5.おわりに

14:45~16:15

新井和孝(日本化学会化学遺産委員会委員,元日産化学)「化学遺産認定制度 —日本の化学史を探る—」

日本化学会の化学遺産認定制度が12年目を迎えた。昨年度までの54件の化学遺産を、学術系(純粋化学)か技術系(化学技術、製造化学)か、その時代、人か物か、活躍の地と現在の保存地、などで整理してみた.日本の化学史について何が見えてくるか、人が何かを大事に残したいという想いはどこからくるのか、などについて探ってみたい.

 

参考:これまでの化学史研修講演会

事務局の対応が遅くなります

事務局が置かれている東京電機大学東京千住キャンパスの入構規制は6/29以降若干緩和されたものの,新型コロナウイスル感染症拡大防止のため在宅勤務が続いており,事務局の対応が遅くなる場合が予想されます。どうかご理解いただけますようお願い申し上げます。(事務局,7/5更新)

役員選挙日程の公示

 次期役員選挙の日程が決まりましたので,お知らせいたします。

1)立候補者推薦の受付期間: 2020年10月1日(木)〜14日(水)必着

 自薦または他薦により推薦を行おうとする正会員および学生会員は, 会長1名, 理事6名, 監事2名の範囲内で被推薦者名を記した文書を(書式は自由)受付期間内に学会事務局へ封書で郵送してください。その際, 推薦者名を明記してください。

2)投票期間: 2021年1月8日(金)〜28日(木)必着

 立候補者の数が定数を越えた場合,正会員および学生会員による投票を行います。投票用紙を郵送しますので,記入のうえ投票期間内に学会事務局へ封書で返送してください。

 ただし,立候補者の数が定数と同じか,それを下回る場合は,立候補者全員を当選とし,投票は行いません。
 選挙の結果は,学会ウェブサイトおよび会誌で公表する予定です。

*役員選挙の詳細は,「役員選挙に関する内規」(学会ウェブサイトに掲載)をご覧ください。

  2020年7月4日

選挙管理委員:飯島亜衣,山口 真