他団体情報

日本学術会議の活動と運営に関する連絡

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,日本学術会議の活動と運営に関する連絡(2020.11.27付)が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2020.11.28,事務局)。 続きを読む »

Panel Discussion “Maria Sklodowska Curie – A Pioneer for Women in Science?”

川島慶子会員から,12月4日開催のマリー・キュリーに関するオンラインパネルディスカッションの情報をいただきましたので,会員のみなさまにお知らせします。オンラインで参加できますので,奮ってご参加ください(事務局)。

“Maria Sklodowska Curie – A Pioneer for Women in Science?”

– A panel discussion featuring esteemed speakers:

  • Susan Quinn – an award-winning author of biography Marie Curie: A Life
  • Dr. Maria Siemionow – a world-renowned scientist and microsurgeon
  • Keiko Kawashima – Professor at Nagoya Institute of Technology, Japan

– The discussion will be moderated by Nobel Prize-winning scientist, the Frank H. T. Rhodes Professor of Humane Letters, and a member of the KF Collegium of Eminent Scientists, Dr. Roald Hoffmann

開催日時:Thursday, December 3, 2020, 8:00 PM EST(日本時間:12月4日(金)午前10:00)

主催団体:The Kosciuszko Foundation

参加登録は,次のウェブページから:

https://www.thekf.org/kf/events/KF_Online_Programs/event_1/

日本学術会議記者会見(2020/11/12) 報告

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,2020年11月12日に開催された記者会見の報告が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2020.11.13,事務局)。 続きを読む »

科学史技術史国際会議 発表申込募集(11/30締切)

日本学術会議IUHPST分会の木本忠昭さんより,科学史技術史国際会議の発表申込(アブストラクト)募集のお知らせが来ましたので,会員のみなさまにお知らせします。なお,2021年7月25日〜31日にチェコ・プラハで開催される同会議はオンライン開催となるそうです。(事務局)

科学史技術史国際会議ウェブサイト

科学史技術史部門長からの手紙

アブストラクト提出

なお,個人発表の申込締切は,2020年11月30日です。

関連情報:日本科学史学会ウェブサイト

日本学術会議ニュース・メール No.728 (2020/10/30)

日本学術会議の協力学術研究団体には,同会議から定期的にニュース・メールが届きます。広い意味で化学史に関わるような催し等を含むものについては,会員のみなさまにお知らせします(事務局)。

   *

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.728**  2020/10/30
======================================================================
1.【開催案内】公開シンポジウム
 「身体・社会・感染症―哲学・倫理学・宗教研究はパンデミックをどう考え
 るか―」
2.【JST】日本社会心理学会第61回大会/科学技術振興機構(JST)
 共催ワークショップ「人・社会・科学技術のあるべき関係を求めて:ELSI
 研究と社会心理学」
続きを読む »

日本学術会議記者会見(2020/10/29) 報告

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,2020年10月29日に開催された記者会見の報告が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2020.10.30,事務局)。 続きを読む »

日本学術会議からのお知らせ(内閣総理大臣と会長の面談について)

化学史学会は,日本学術会議 協力学術研究団体となっていますが,同会議より「内閣総理大臣と会長の面談に関するご連絡」が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2020.10.20, 事務局)。 続きを読む »

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2020.10)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) 続きを読む »

アンケー ト調査ご協力のお願い(1/10締切)

日本学術会議から下記のアンケート調査協力依頼が届きました。大学・研究機関所属の化学史学会会員のみなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。なお,化学史学会は,日本学術会議の協力学術研究団体です(事務局)。

   *

「研究に関する男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケー ト調査(研究者対象)」の実施について(ご協力のお願い)

 このたび、全国ダイバーシティネットワークの幹事機関である大阪大学と日本学術会 議科学者委員会男女共同参画分科会・同アンケート検討小分科会は協力して、「研究に関 する男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査(研究者対象)」 を実施いたします。お忙しい中恐縮ですが、ぜひご回答にご協力いただきますようお願い申し上げます。

アンケート専用の下記 WEB サイトに入ってご回答ください。アンケートには 2 種が あり、匿名回答で、所要時間はいずれも 10 分程度です。アンケートの回答締め切りは、 2020 年 1 月 10 日(金)です。詳細は下記サイトをご覧ください。

全国ダイバーシティネットワークの WEB サイト(アンケート専用)
https://www.opened.network/questionary/questionary-0002/

〇(調査1)大学・研究機関における男女共同参画の推進状況に対する意見・感想
〇(調査2)研究環境に関する意見・感想

全国ダイバーシティネットワーク
https://www.opened.network/
日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会同アンケート検討小分科会
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/danjyo/index.html

○問い合わせ先 三成 mitunari■cc.nara-wu.ac.jp ■を@に直してご連絡ください。

国際周期表年記念企画展 「周期表の歴史と日本の元素研究」(2019.12-2020.1)

新井理事より国立科学博物館のイベント情報が寄せられましたので掲載します(事務局)。

   *

国際周期表年記念企画展「周期表の歴史と日本の元素研究」

日時 2019年12月17日(火)~2020年1月19日(日)
会場 国立科学博物館(上野)地球館1階オープンスペース
https://www.kahaku.go.jp/event/2019/12periodic/flyer.pdf

クリックで拡大

古い周期表や小川正孝関連史料の展示や「切手の元素周期表」の実物切手展示もあります。