他団体情報

若手研究者をとりまく評価に関する意識調査(webアンケート)

日本学術会議より以下のアンケートの依頼が届きましたので,会員(45歳未満の若手研究者)の皆様のご協力をお願い致します。

   *

若手研究者をとりまく評価に関する意識調査(webアンケート)

1.調査目的
 世界的な競争、評価をめぐる問題、キャリアパスに関する課題など、若手研究者をめぐる研究・
知識生産の環境は多くの課題を抱えています。
 この調査では、若手研究者にとっての評価について分析することで、知識生産をめぐるより良い
エコシステムの形成に寄与することを目的としています。

2.調査対象
 45歳未満の若手研究者の方々(大学院生や若手の専門職を含む)

3.アンケートサイト
(1)URL(こちらからご回答いただけます。回答は任意です。)
  https://r10.to/yaj2022
(2)所要時間:10分程度
(3)回答締切:2022年7月5日(火)

4.結果の公開
 得られた結果は、学術的な分析を行った上で、報告書やオープンアクセス論文などの形で公開・
議論します。そして報告やデータに基づいた提案を、政策担当者をはじめ広く社会に共有していく
ことで今後の研究エコシステムのあり方とそのための科学技術・学術政策を考察するために積極的
に活用していきます。
 また、ご回答いただいたデータは、個人が特定されない形で、多様な方の検討や学術的利用の
促進のためにオープンアクセス化を行います。

                           <アンケート問い合わせ先>
                           日本学術会議若手アカデミー 小野悠
                           E-mail:25yaj-survey@googlegroups.com

第13回国際化学史会議 発表者募集(12/1締切)

菊池好行副会長より,2023年5月23-26日にリトアニアのビリニュスで開催予定の第13回国際化学史会議の発表者募集の情報を頂きましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局)

CfP 13 ICHC Vilnus 2023 (pdf)

締切:2022年12月1日

サイト:ICHC2023

第15回環境教育講演会(2022.8)

河野俊哉理事から下記情報が寄せられましたので,会員のみなさまにお知らせいたします。(事務局)

   *

第15回環境教育講演会 SDGs達成に向けたカーボンニュートラル実現のための化学技術

主催 日本化学会 環境・安全推進委員会
会期 2022年8月10日(水) 13:00~16:30
会場 化学会館+オンライン(Zoomウェビナーを利用したリアルタイム配信)
   ※今後のCOVID-19感染状況により完全オンライン方式に変更の可能性あり

趣旨
 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書によれば、直近数十年間の地球温暖化は人間の影響であることは疑う余地がないとされ、またそれによる損失と損害は自然の気候変動の範囲を超えて引き起こされています。国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成のためにも、地球温暖化対策、ひいては主要な温室効果気体である二酸化炭素の削減が欠かせません。この講演会では、「化学」の観点からSDGs達成に向けたカーボンニュートラル実現への課題と展望について、皆さまと共に学びたいと思います。

プログラム
13:00-13:05 開会挨拶・趣旨説明
 奥田 知明(環境・安全推進委員会 環境小委員会 委員長/慶應義塾大学理工学部 教授)
13:05-14:05 カーボンニュートラル社会実現に求められる化学と技術 ―水素の活用とカーボン空気二次電池,そしてエネルギービッグデータ科学―
 伊原 学(東京工業大学 物質理工学院応用化学系 教授/エネルギー・情報卓越教育院長/東工大InfoSyEnergy代表)
14:05-14:55 ネガティブエミッション技術として期待されるDirect Air Captureの開発について
 田中 一雄(川崎重工業株式会社 技術開発本部技術研究所 エネルギーシステム研究部 部長)
14:55-15:10 休憩
15:10-16:00 人工光合成の実用化に向けた取り組み
 濱口 豪(株式会社豊田中央研究所 グリーン燃料研究領域 リーディングリサーチャー)
16:00-16:25 パネルディスカッション『カーボンニュートラル社会に化学がどう貢献できるか? 』
16:25-16:30 閉会挨拶
 宮崎 あかね(環境・安全推進委員会 環境小委員会 副委員長/日本女子大学理学部 教授)
対象
初中等教育現場で環境教育を担う教員,環境問題に取り組む企業技術者・研究者, 環境問題の最新情報を求める一般社会人,環境問題の全体像把握を目指す学生・生徒など。

参加費
無料。
希望者には別途資料を有料配布(1,000円)。

申込
チケット申込サイト「Peatix」よりお申込みおよび事前決済を行ってください。
詳細はリンク先にてご確認ください。https://eesympo15.peatix.com/

杏雨書屋特別展示会・研究講演会(2022.4)

本学会賛助会員の武田科学振興財団から杏雨書屋の展示会・講演会の案内が届きましたので,ご紹介します。(事務局) 続きを読む »

ロシアのウクライナ侵攻に対するノーベル賞受賞者たちからの公開書簡

川島慶子会員より,標記公開書簡を和訳したとの情報をいただきました。関連情報とともに会員のみさなまにお知らせします。(5/1事務局) 続きを読む »

ウクライナに関するステートメントについて

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,2月28日に会長談話「ロシアによるウクライナへの侵攻について」が公表されたとの情報および関連情報が寄せられましたので,会員の皆様にお知らせ致します。(事務局) 続きを読む »

「研究目的に係る著作物の利用に関するアンケート」協力依頼

文化庁委託事業として,一般社団法人ソフトウェア情報センターから,研究者を対象とする以下のような「研究目的に係る著作物の利用に関するアンケート」回答の協力依頼が学会事務局に参りました。つきましては,ご協力頂けます研究者の方は回答をよろしくお願い致します。

   *

当方ではこの度、文化庁著作権課より
「研究目的に係る著作物の利用に関する調査研究」事業の委託を受け、
その中で、「研究目的に係る著作物の利用に関するニーズアンケート」を
ウェッブにて実施する運びとなりました。

つきましては、一人でも多くの研究者の皆様からご回答をいただくべく、
貴会並びに会員の皆様に、アンケートへのご協力のお願い申し上げる次第です。

・本調査は特に、「研究成果の発表の場面」※での他人の著作物の利用についてお伺いするものです。
 ※学会誌等への論文発表、出版物での公表や、学会等での成果発表や講演等
・回答に要する時間の目安は3分から15分程度です。

研究成果の発表場面での著作物利用に際して、支障が生じているか否かを把握し、
必要な検討の参考にするものですので、貴会会員の皆様に、広くご協力をいただけますと幸いです。

アンケートURL https://www.softic.or.jp/index2022

なお、ご不明な点につきましては下記宛てお問い合わせください。

bunka2021@softic.or.jp

お忙しいところ誠に恐れ入ります。
ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

〒105-0003 
東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル14F
一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)
「研究目的に係る著作物の利用に関する調査研究」事務局

AsiaChem 日本の化学特集

Yona Siderer会員より,アジア化学会連合の雑誌AsiaChemに日本の化学が特集されたとの情報を頂きましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局) 続きを読む »

「フィールドワークにおける性暴力・セクシュアルハラスメントに関する実態調査アンケート」回答ご協力のお願い

本会がメンバーとなっている人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(通称 GEAHSS)が後援しているアンケートへの回答依頼が参りましたので、会員のみなさまにお知らせ致します。フィールドワークの経験がある方の回答が求められています。下記の定義によれば、歴史資料の調査やインタビューなどもフィールドワークに含まれるようです。(事務局)

   *

皆様

共同研究グループ「フィールドワークとハラスメント(HiF)」では、フィールドワークという研究手法を採る研究者や学生が、フィールドで直面する性被害とその対策に関する実態把握のために、下記のアンケート調査を行います。被害事例に関する情報収集を通して、フィールドで起こる性暴力、セクシュアルハラスメントについての対策と啓発をより充実させていくことを目的としています。

なお、本アンケートは、学問分野ごとのフィールドワーク実施状況の調査、および被害防止のための事前学習の有無に関する調査を兼ねております。フィールドワークの定義は様々ですが、HiFでは「資料やデータの収集のために、研究者自らが研究室や研究機関を離れ、研究対象とする地域や団体など(フィールド)に赴き調査を行う研究手法のこと」と広く設定しております。このようなフィールドワークのご経験がある方は、性被害経験のない方も、ぜひ回答にご協力ください(これらの方々の回答の所要時間は、3~5分程度です)。

フィールドという研究機関を離れた場所でのハラスメントは実態把握が難しく、被害と対策の実態調査は、フィールドワークを行う学生や研究者のよりよい研究環境の構築・維持のため、またフィールドに学生を送り出すにあたり、教員が取りうる対策を検討する上でも有用です。お忙しい中恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら: https://safefieldwork.live-on.net/survey/purposes-of-this-survey/
(アンケート趣旨ページに飛びます。趣旨ページの末尾に、回答用URL(Microsoft Formsへのリンク)があります)
※アンケートが回答可能になるのは、1月15日の21:00以降になります

   記

1.調査名:「フィールドワークにおける性暴力・セクシュアルハラスメントに関する実態調査アンケート」
2.調査目的:フィールドワーク中に起きた性暴力・セクシュアルハラスメントとその対策・対処についての実態把握
3.使用言語:日本語または英語
4. 回答所要時間:3~30分
5.実施時期:2022年1月15日~2022年2月28日(延長されました。2/8修正)
6.実施形式:Microsoft Formsを利用したウェブ・アンケート
7.倫理審査:名古屋大学倫理審査委員会による審査・承認済み(承認番号:NUHM-21-009)
8.実施主体:共同研究グループ「フィールドワークとハラスメント」(HiF)https://safefieldwork.live-on.net/
9.  後援:⼀般社団法人男女共同参画学協会連絡会  https://djrenrakukai.org/
     人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(通称 GEAHSS) https://geahssoffice.wixsite.com/geahss
10.問い合わせ先:sub.fieldworkandsafety@gmail.com

以上

フィールドワークとハラスメント(HiF)企画者一同
大友瑠璃子(北海道大学)、杉江あい(名古屋大学)、堀江未央(岐阜大学)、椎野若菜(東京外国語大学)、山口亮太(静岡県立大学/学振RPD)、蔦谷匠(総合研究大学院大学)、黄潔(名古屋大学)、稲角暢(京都大学/日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター)

第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告(2021.12)

化学史学会が協力学術研究団体となっている日本学術会議より,第183回日本学術会議総会及び記者会見(12月3日)に関する報告が届きましたので,会員のみなさまにお知らせします(2021.12.4,事務局)。

続きを読む »