会合・イベント

第19回化学史研修講演会(2022)

8/20(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,中辻慎一先生と渡部智博先生にご講演いただきます。

日 時 2022年8月20日(土)13:00~16:15
会 場 Zoomによるオンライン開催
主 催 化学史学会
後 援 (公社)日本化学会,(以下予定)日本基礎化学教育学会,日本理化学協会,東京都理化教育研究会

参加費 無料、参加登録が必要です。
参加申込方法 参加申込フォーム(下のボタン)からお申し込み下さい。

参加申込フォーム

・参加登録者は無料で資料(pdf版)のダウンロードが可能ですが、冊子版資料代1000円と発送手数料300円を振り込んだ方へ、冊子版資料を開催(8月20日)前にお届けする予定です。ご希望の方は、送付先を明記の上、8月2日(火)までに郵便局備え付けの振替用紙を用いて次の振替口座へ1300円を送金して下さい。
振替口座:00180-0-175468 加入者名:化学史学会
・開催後も1週間は録画視聴を可能とする予定です。
・研修講演会の修了証が必要な方は、参加申込の際にお知らせ下さい。終了後、修了証の電子ファイルをメールでお送りします。
参加申込締切 2022年7月25日(月) 締切り後も参加申込みは受け付けますが、要旨集の印刷・事前送付がありますので、お早目にお願いします。
問合先 〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番 東京電機大学 田中浩朗研究室内 化学史学会事務局(学会ホームページの問合フォーム) https://kagakushi.org/form

プログラム

13:00~14:30
中辻 慎一(兵庫県立大学名誉教授)「化学史跡:ドイツ化学会の化学史プログラムについて」 
ドイツ化学会では,1999年より「化学史跡Historische Stätten der Chemie」という,ドイツの化学史上において重要な役割を担った化学者とその活動場所や企業記念館などを顕彰するプログラムを推進しており,これまでに19の化学史跡が顕彰されている。 本セミナーでは,創設以来20年余を経過したこの「化学史跡」プログラムの内容を中心に,対応する日本や米国のプログラムとの比較ついても紹介したい。

休 憩

14:45~16:15
渡部 智博(立教新座中学校・高等学校)「中等教育で学ぶ化学と化学史の切れない関係」 
中等教育で学ぶ化学は,いわゆる化学史と深い関係にある。教科書を手にとれば,化学史に関わる話題がいくつもあることがわかる。一方,教科書に掲載されていないが,授業を進める上で話題にしたことのある内容,話題にしたことのない内容など,化学史にまつわる話題が豊富である。中学生や高校生を教えている立場から,そのような化学史の幅広い話題を紹介したい。

   *

参考:これまでの化学史研修講演会

2022年度化学史学会年会

日 時 2022年7月2日(土)、3日(日)
形 式 Zoomによるオンライン開催
    (年会準備委員会委員長:大野誠会長、年会準備委員:和田正法理事) 続きを読む »

第15回環境教育講演会(2022.8)

河野俊哉理事から下記情報が寄せられましたので,会員のみなさまにお知らせいたします。(事務局)

   *

第15回環境教育講演会 SDGs達成に向けたカーボンニュートラル実現のための化学技術

主催 日本化学会 環境・安全推進委員会
会期 2022年8月10日(水) 13:00~16:30
会場 化学会館+オンライン(Zoomウェビナーを利用したリアルタイム配信)
   ※今後のCOVID-19感染状況により完全オンライン方式に変更の可能性あり

趣旨
 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書によれば、直近数十年間の地球温暖化は人間の影響であることは疑う余地がないとされ、またそれによる損失と損害は自然の気候変動の範囲を超えて引き起こされています。国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成のためにも、地球温暖化対策、ひいては主要な温室効果気体である二酸化炭素の削減が欠かせません。この講演会では、「化学」の観点からSDGs達成に向けたカーボンニュートラル実現への課題と展望について、皆さまと共に学びたいと思います。

プログラム
13:00-13:05 開会挨拶・趣旨説明
 奥田 知明(環境・安全推進委員会 環境小委員会 委員長/慶應義塾大学理工学部 教授)
13:05-14:05 カーボンニュートラル社会実現に求められる化学と技術 ―水素の活用とカーボン空気二次電池,そしてエネルギービッグデータ科学―
 伊原 学(東京工業大学 物質理工学院応用化学系 教授/エネルギー・情報卓越教育院長/東工大InfoSyEnergy代表)
14:05-14:55 ネガティブエミッション技術として期待されるDirect Air Captureの開発について
 田中 一雄(川崎重工業株式会社 技術開発本部技術研究所 エネルギーシステム研究部 部長)
14:55-15:10 休憩
15:10-16:00 人工光合成の実用化に向けた取り組み
 濱口 豪(株式会社豊田中央研究所 グリーン燃料研究領域 リーディングリサーチャー)
16:00-16:25 パネルディスカッション『カーボンニュートラル社会に化学がどう貢献できるか? 』
16:25-16:30 閉会挨拶
 宮崎 あかね(環境・安全推進委員会 環境小委員会 副委員長/日本女子大学理学部 教授)
対象
初中等教育現場で環境教育を担う教員,環境問題に取り組む企業技術者・研究者, 環境問題の最新情報を求める一般社会人,環境問題の全体像把握を目指す学生・生徒など。

参加費
無料。
希望者には別途資料を有料配布(1,000円)。

申込
チケット申込サイト「Peatix」よりお申込みおよび事前決済を行ってください。
詳細はリンク先にてご確認ください。https://eesympo15.peatix.com/

第15回化学遺産市民公開講座(2022)

今年の第13回化学遺産認定に関連して,第15回化学遺産市民公開講座がオンラインで開催されます。

今回認定された化学遺産3件について,詳しくはリーフレット(pdf)をご参照ください。 続きを読む »

環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021) のお知らせ

2021年12月16日〜21日の6日間,「環太平洋国際化学会議2021 (Pacifichem 2021)」が完全オンラインで開催されます。

この国際会議は当初,2020年12月15日〜20日にハワイ・ホノルルで開催予定でしたが,新型コロナウイルス感染拡大の影響により1年延期され,さらに完全オンラインで開催されることになりました。詳しくは,こちらへ。

日本を含む環太平洋7か国の化学会が主催し,5年ごとに開催され,次回(第8回)は日本化学会がHost Societyです。なお,化学史学会は前回に引き続きOfficial Participating Organizationです。

この国際会議は,化学一般を対象としたものですが,化学の歴史も含まれます。古川安前会長がオーガナイザーの一人となっている「Hands across the Pacific: History of Collaborations and Exchange Programs between Countries of the Pacific Rim (Organizers: Rasmussen, Seth C; Furukawa, Yasu; Rae, Ian D; Patterson, Gary)」というシンポジウムも計画されています。

10/30追加:

Pacifichem2021における化学史のセッションのプログラムが発表されました。→プログラムはこちら
 日時:日本時間 12月21日(火)午前3時〜正午
 発表:virtual (online)
 本会の河野洋人会員, Victoria Lee会員、古川安会員が発表します。

Pacifichem 2021公式サイト

日本化学会のPacifichem 2021サイト

参考:前回のPacifichem 2015 (PDF Program Book)では,「Historical Evolution of the Chemical Community in the Countries of the Pacific Rim」というシンポジウムが開催され,古川安・菊池好行・故梶雅範の各会員が発表しました。

第18回化学史研修講演会(2021)

8/21(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,吉本秀之先生と後藤達乎先生にご講演いただきます。 続きを読む »

2021年度化学史学会年会

日 時 2021年7月3日(土)、4日(日)
会 場 オンライン開催
    年会準備委員会委員長 菊池好行理事

★2021年度年会は,当初愛知県立大学で行う予定でしたが,2021年3月20日開催の理事会で全プログラムをオンライン(Zoom)で行うことが決定されました。 続きを読む »

Zoomマニュアル

今年の年会はZoomというオンライン会議システムを利用します。マニュアルを作成しましたので,参加予定の方は,ご一読をお願いします。不明な点がありましたら,遠慮無く事務局までお尋ねいただければ幸いです。 続きを読む »

オンライン企画展「明石博高と島津源蔵―京の近代科学教育の先駆者たち―」

八耳俊文会員より,国際日本文化研究センターのサイトで,次のオンライン企画展が開催されているとの情報をいただきましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局) 続きを読む »

認定化学遺産の解説セミナー(2021)

3/27(土)日本化学会が2021年および2020年に認定した化学遺産を解説するセミナーをオンラインで開催します。通常は,毎年3月に日本化学会春季年会で化学遺産市民公開講座(日本化学会化学遺産委員会・化学史学会 主催)が開催されてきましたが,昨年と今年はコロナ禍の影響で中止となりました。このオンラインセミナーはそれに代わるものとして企画されました。 続きを読む »