会合・イベント

2021年度化学史学会年会

日 時 2021年7月3日(土)、4日(日)
会 場 オンライン開催
    年会準備委員会委員長 菊池好行理事

★2021年度年会は,当初愛知県立大学で行う予定でしたが,2021年3月20日開催の理事会で全プログラムをオンライン(Zoom)で行うことが決定されました。

参加費 無料

参加申込(当日まで申込可能ですが,当日はトラブル対応が困難ですのでお早めにお願いします)

※一般公開プログラム(特別講演とシンポジウム)は非会員の方も参加できます。

会員の方参加申込フォーム(会員用)からお申し込みください。折り返し,Zoom参加用URLをメールでお知らせします。なお,参加申込フォームにアクセスするには,本サイトへのユーザー登録が必要です。

非会員の方参加申込フォーム(非会員用)からお申し込みください。折り返し,一般公開プログラムのZoom参加用URLをメールでお知らせします。すべてのプログラムに参加したい場合は,入会して会員になることが必要です。

参加申込フォーム(会員用) 参加申込フォーム(非会員用)

※オンライン会議システムZoomに慣れていない方は,Zoomマニュアルをご参照ください。初心者向けの解説です。


プログラム

2021年7月3日(土)

10:00-10:05 開会の辞:会長挨拶

10:05-11:35 一般講演 座長:田中浩朗(東京電機大学)

山口まり(日本大学)「ペーパークラフト分子模型-αケラチンの構造モデル」
黒田光太郎(名古屋大学)「超高圧電子顕微鏡開発と名古屋大学」
武山高之(元・東レ)「産学共同医療用具開発事例(2)敗血症治療カラム“トレミキシン”」

11:35-12:15 評議員会 

13:15-14:15 特別講演 【一般公開プログラム】
 座長:菊池好行(愛知県立大学)

佐藤一信(愛知県陶磁美術館)「近代窯業の父としてのワグネルについて-ワグネルによる新製陶器の創出を中心に」

14:30-16:00 一般講演 座長:内田正夫(獨協大学)

須田千晶(東京大学大学院)「ジョージ・スターキーのキミア研究」
原  宏(東京農工大学 名誉教授)「18世紀における空気の人体影響の認識」
Yona Siderer (Hebrew University of Jerusalem) “Western Sources studied by Udagawa Youan (1798-1846) in his Chemistry (Seimi Kaiso) and Botany (Shokugaku Keigen) books”

16:15-17:15 会員集会
(会員交流のため18:15まで開場)

2021年7月4日(日)

10:30-12:00 一般講演 座長:和田正法(三重大学)

山中千尋(横浜国立大学)「理化学研究所から日本学術振興会への継承と変容」
滝口泰之(千葉工業大学),山口達明(千葉工業大学)「ゲノム編集は化学か?」
中辻慎一「ドイツ化学会化学史跡プログラムについて」

13:00-14:00 特別講演 【一般公開プログラム】
 座長;菊池好行 

中野裕子(博物館明治村)「保存と活用の間で-歴史的建造物から歴史を伝えること-」

14:15-16:30 シンポジウム「化学産業遺産の今-保存と活用の間で-」【一般公開プログラム】
 座長: 吉本秀之(東京外国語大学)

菊池好行「シンポジウムの趣旨」
若林文高(国立科学博物館 名誉館員)「国立科学博物館の理化学史料と未来技術遺産登録」
加藤玲子(花王株式会社)「花王のアーカイブス活動」
新井和孝「山陽小野田市の化学産業アーカイブス活動」

16:30-16:35 閉会の辞:副会長挨拶

続きを読む »

Zoomマニュアル

今年の年会はZoomというオンライン会議システムを利用します。マニュアルを作成しましたので,参加予定の方は,ご一読をお願いします。不明な点がありましたら,遠慮無く事務局までお尋ねいただければ幸いです。 続きを読む »

オンライン企画展「明石博高と島津源蔵―京の近代科学教育の先駆者たち―」

八耳俊文会員より,国際日本文化研究センターのサイトで,次のオンライン企画展が開催されているとの情報をいただきましたので,会員のみなさまにお知らせします。(事務局)

   *

明石博高と島津源蔵―京の近代科学教育の先駆者たち―
主催:国際日本文化研究センター
協力:神田外語大学、島津製作所創業記念資料館

https://events.nichibun.ac.jp/pc1/ja/online/akashi_hiroakira_and_shimadzu_genzo/

認定化学遺産の解説セミナー(2021)

3/27(土)日本化学会が2021年および2020年に認定した化学遺産を解説するセミナーをオンラインで開催します。通常は,毎年3月に日本化学会春季年会で化学遺産市民公開講座(日本化学会化学遺産委員会・化学史学会 主催)が開催されてきましたが,昨年と今年はコロナ禍の影響で中止となりました。このオンラインセミナーはそれに代わるものとして企画されました。 続きを読む »

第18回化学史研修講演会(2021)

8/21(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,吉本秀之先生と後藤達乎先生にご講演いただきます。

クリックで拡大

会 期 2021年8月21日(土)13時~
会 場 Zoomによるオンライン開催
主 催 化学史学会
後 援 (公社)日本化学会,日本基礎化学教育学会,日本理化学協会,東京都理化教育研究会

参加費 無料
・参加登録者は,無料で資料(pdf版)のダウンロードができるようにする予定です.
冊子版資料代1000円発送手数料300円を振り込んだ方へ冊子版資料を開催(8月21日)前にお届けする予定です.
・研修講演会の修了証が必要な方は,参加申込の際にお知らせ下さい.終了後,修了証の電子ファイルをメールでお送りします.

参加申込方法 後日掲載します.
参加申込締切 後日掲載します.
問合先
 化学史学会事務局

プログラム

吉本秀之(東京外国語大学)「図像科学史(化学史)について(仮題)」

後藤達乎(日本化学会化学遺産委員、元ダイセル)「化学遺産に学ぶ上野彦馬と長井長義(仮題)」

   *

参考:これまでの化学史研修講演会

講演会「日仏における学問と政治」のお知らせ(2021.1)

2021年1月15日に開催される日仏会館のオンライン講演会のお知らせを致します。隠岐さや香会員が講師を務められます(事務局)。 続きを読む »

科学史技術史国際会議 発表申込募集(11/30締切)

日本学術会議IUHPST分会の木本忠昭さんより,科学史技術史国際会議の発表申込(アブストラクト)募集のお知らせが来ましたので,会員のみなさまにお知らせします。なお,2021年7月25日〜31日にチェコ・プラハで開催される同会議はオンライン開催となるそうです。(事務局) 続きを読む »

第17回化学史研修講演会(2020)

8/22(土)化学史研修講演会をオンラインで開催します。今回は,山口達明先生と新井和孝先生にご講演いただきます。 続きを読む »

2020年度化学史学会年会(オンライン開催)

2020年度の化学史学会年会は,当初,広島大学東広島キャンパスで開催する予定でしたが(当初の予定はこちら),新型コロナウイルス感染拡大のため,オンライン開催に変更されました。新たなプログラムは以下の通りです。 続きを読む »

化学史学会2020年度年会の変更について

理事会メール審議の結果報告

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて,2020年度年会の開催について,2020年5月1日から5月5日まで,理事会のメール審議が行われました。その結果,以下の点が大筋で合意に達しました。(事務局,5/8掲載) 続きを読む »